プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

木漏れ日のように柔らかなメロディとハーモニー。木漏れ日フォーク・ロック名作選

HERON 1st

試聴 Click!

木漏れ日フォークと言えば、やはりこのバンドのこの名作1stが筆頭ですね。野外で録音された作品で、曲間には鳥のさえずりが聞こえてきて、ピースフル。柔らかな陽光が目に浮かぶハーモニーもたまりません。

HERON 2nd

試聴 Click!

HERONは2ndも良いんですよね。ドラムが入って、フォーク・ロック/パブ・ロック風味に。これがまた哀愁たっぷりで、グッときちゃいます。長閑な休日を彩ってくれる素敵な一枚です。

MATTHEWS SOUTHERN COMFORT

試聴 Click!

元フェアポートのイアン・マシューズ率いるグループですね。米西海岸に憧れ続けた英フォークの愛すべきSSW。とにかく歌声が魅力的☆ たゆたうような美メロは、まるで木漏れ日のよう。

JIMMY CAMPBELL

試聴 Click!

寝過ごした休日、ベッドに差し込む柔らかな陽光。こんなドリーミーな曲を聴いちゃったら、ベッドからいつまでたっても抜け出せないですね。

ROGER MORRIS

試聴 Click!

ジャケットからして木漏れ日!黄昏のオルガンが素晴らしくて、秋の夕方の穏やかな休日を柔らかく包み込む木漏れ日ですね。じんわり染みる良い歌声だなぁ。

STEALERS WHEEL

試聴 Click!

名ソングライターGerry Raffertyのグループですね。「田舎のビートルズ」と言える愛すべき名曲。ハートウォーミングなメロディ&ハーモニーがたまりませんね。ピアノが踊る間奏で木漏れ日が降ってきます。

TRADER HORNE

試聴 Click!

元フェアポートのジュディ・ダイブルのグループですね。ジャッキー・マクォーリーの穏やかなヴォーカルとジュディのコーラスがたまりませんね。管弦楽器のアレンジが木漏れ日のように柔らか。

GOSPEL OAK

試聴 Click!

BUFFALO SPRINGFIELDやNEIL YOUNGやはっぴいえんどが好き?でしたら、アーシーな魅力に溢れたこちらの英フォーク・ロック・グループを紹介いたしましょう。柔らかなハーモニーがグッときますね。

MIGHTY BABY

試聴 Click!

米国憧憬のアンサンブルに英国的メロディが絡む、陽だまりアシッド・フォーク。中期GRATEFUL DEADに通じる緩く和やかな演奏に、叙情的なメロディ。緩く心地良い開放感、牧歌的なサウンドが楽しめるという点ではHERONファンにもおすすめの一枚。

HUNT & TURNER

試聴 Click!

牧歌的なメロディ、人懐っこいハーモニーなど、アメリカン・フォークからの影響を軸に、ジャケットのイメージ通りの陰りを閉じ込めたサウンドはいかにも英国フォーク。ちょっともったりとしたドラムが、HERONの2ndを彷彿とさせますね。

SUTHERLAND BROTHERS BAND

試聴 Click!

ロッド・スチュワートの「Sailling」の作曲者でもあるサザーランド兄弟率いるグループで、英国らしい流れるようで憂いたっぷりのメロディとハーモニーと干し草香るアンサンブルにグッときっぱなし!

PAPER BUBBLE

試聴 Click!

70年にDERAMレーベルよりリリースされた唯一作。DAVE COUSINSプロデュース。甘酸っぱいメロディーと、ストリングス、ピアノ、フルートによる郷愁のアンサンブルが素晴らしい英国フォーク・ポップ。暖かみ溢れるハーモニーが印象的な牧歌ロック!

RICHMOND

試聴 Click!

73年の唯一作。郷愁のメロディ&ハーモニー、優しく包み込むような歌声が魅力的な英フォーク・ロック。実に英国的な憂いを帯びた重厚なストリングスも良い雰囲気。

Facebookコメント

在庫一覧

  • HUNT & TURNER / MAGIC LANDSCAPE

    牧歌性と繊細さが同居した愛すべき英フォーク・ロック、72年作、HERONやPete Delloのファンなら間違いなし!

    英国フォーク・デュオ。72年作。牧歌的なメロディ、人懐っこいハーモニーなど、アメリカン・フォークからの影響を軸に、ジャケットのイメージ通りの陰りを閉じ込めたサウンドはいかにも英国フォーク。「Magic Landscape」「Mr.Bojangles」など、ちょっともったりとしたドラムがHERONの2ndを彷彿とさせる「いなたい」フォーク・ロックも絶品。郷愁を誘い、涙がこぼれそうになります。もうちょっと牧歌的なジャケットだったらサウンドのイメージ通りで、より多くの人に聴かれていたのではと思います。愛すべき好作品。

  • MATTHEW'S SOUTHERN COMFORT / LATER THAT SAME YEAR

    Ian Matthews率いるグループ、70年作、木漏れ日フォーク・ロックの名作

    Ian Matthews率いる英フォーク・ロック・グループ。70年にリリースされたラスト・アルバムとなった3rd。米フォーク・ロックへの憧れが感じられる朗らかなアンサンブルとは対照的な、英国的陰影に富んだMatthewsのヴォーカル&メロディ。そのコントラストがこのグループの持ち味。カバー曲も相変わらずセンス良く、Neil Youngの「Tell Me Why」や、WILDWEEDSの「And When She Smiles」は絶品の出来映え。Heronなど、木漏れ日フォーク・ロックが好みの方は、間違いなく気に入る作品です。スリップ・ケース付。

  • RICHMOND / FRIGHTENED

    73年リリース、メランコリックな英フォーク・ロックとして一級の名作

    Steve HallとChas Sewardによるデュオ。73年の唯一作。郷愁のメロディ&ハーモニー、優しく包み込むような歌声が魅力的な英フォーク・ロック。実に英国的な憂いを帯びた重厚なストリングスも良い雰囲気。ビートリッシュな甘さとともに、繊細さや荘厳さも内包したサウンドは孤高の存在感。メランコリックなメロディはどの曲も必殺の出来映え。ジャケットの雰囲気にピンと来たら、聴いて損は絶対にありません。Colin Hare、Ian Matthews、Emitt Rhodesあたりのファンは必聴!ポップな英フォーク・ロックとして一級の名作。

  • ROGER MORRIS / FIRST ALBUM

    72年作、これぞブリティッシュ木漏れ日フォーク・ロックといえる愛すべき傑作!

    柔らかな陽光が差し込む秋枯れの穏やかな日。アコギを携えそっと佇むRoger Morris。ジャケットにピンと来た英フォーク・ロックのファンの方、間違いなくハズレはありません!THE BANDからの影響が感じられる土臭く哀愁に溢れたアンサンブル。滲み出る英国的な陰影がたまりません。Roger Morrisのヴォーカルが特筆もので、渋みが少なく柔らかな歌声に心温まります。もちろんメロディも絶品!これぞブリティッシュ木漏れ日フォーク・ロックといえる愛すべき傑作!72年リリース。

  • STEALERS WHEEL / FERGUSLIE PARK

    スコットランドのポール・マッカートニーGerry Raffertyによる英フォーク・ポップ・デュオ

    ポール直系のSSWとして知られるGerry RaffertyとJoe Eganによるポップ・フォーク・デュオ。73年作の2nd。1stの延長線上にある、温かみ溢れるメロディ&ハーモニーが素晴らしい哀愁いっぱいの英フォーク・ロック。ソングライター・コンビのもう一人Joe Eganも特筆すべきメロディ・メイカーで、彼のペンによる「STAR」は、田舎のビートルズと呼びたくなるような郷愁を誘う名曲。それにしても、どの曲もメロディが素晴らしい!2人の優秀なソングライターが次々と美しくも「いなたい」メロディを紡ぐ逸品。ジャケットの雰囲気にピンときたら間違いなく気に入るでしょう。

  • SUTHERLAND BROTHERS (BAND) / SUTHERLAND BROTHERS BAND

    美しいメロディと枯れた風情が印象的なスコットランドのグループ、71年作

    GavinとIainのSutherland兄弟によるデュオ。ISLANDSレーベルより72年にリリースされたデビュー作。とにかく英国的な憂いいっぱいの美メロ満載なのですが、それもそのはず、ロッド・スチュワートでお馴染みの名曲「Sailling」の作曲者は、このGavin Sutherlandなのです。干し草の香り漂うアコースティック・ギターのバッキング、ふくよかなトーンの歌心いっぱいのドラムとベース、ちょっぴり鼻にかかっていてロニー・レインにも通じるグッとくるヴォーカルと、さらにグッときて泣きそうになっちゃう叙情的なハーモニー。メロディも最高だけど、それにしても、DR.STRANGELY STRANGEなどでも活躍したドラマー、Neil Hopwoodのドラム、良いなぁ。ロニー・レインやスティーラーズ・ホイールやヘロンの2ndあたりのファンや、ポール・マッカートニーが好きな方は間違いなくニンマリしてしまうはず。しっかし、どの曲も最高だなぁ。