プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

ウッドストック人脈〜米グッド・ミュージックを愛する男たち

ウッドストックと言えば、「ウッドストック・フェスティヴァル」?

ほとんどのロック・ファンにとってそうかと思いますが、ここで特集するのは、米SSW/フォーク・ファンにとってお馴染みの「ウッドストック人脈」。

ウッドストックは、ニューヨーク州アルスター郡にある人口5000人にも満たない小さな町。
19世紀に、都会に疲れた画家たちが自然豊かで長閑な風景に魅せられてコミュニティを形成したのをはじまりに、数多くのアーティストがこの町に居を移しました。

ロック界では、ボブ・ディランのマネージャーだったアルバート・グロスマンが移住したのをきっかけに、60年代の半ば過ぎ、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジやボストン〜ケンブリッジ周辺のフォークやブルーグラス系ミュージシャンがこの町に移り住みました。

都市に対する田園、市場主義に対する伝統の再発見。そんな考えを持ったミュージシャンたちが集まり、1920年〜30年代の古き良きアメリカのグッド・ミュージックを再発見しながら、サイケデリック・ミューヴメントが終わった後の「内省」や「伝統回帰」へと向かった音楽シーンとも呼応し、数々の愛すべき名作が生まれました。

ザ・バンドのメンバーをはじめ、ジェフ・マルダーやハッピー&アーティのトラウム兄弟など東海岸のフォーク・シーンで活躍したミュージシャンたち。ボビー・チャールズやジェシ・ウィンチェスターなど南部R&Bシーンで活躍した後に縁あってこの地にたどりついたSSWたち。名バンジョー奏者ビル・キースやテレキャスターの名手エイモス・ギャレットなど名うてのセッションマンたち。

そんなアメリカン・ロックの良心たちが奏でる、愛すべきグッド・ミュージックをここに特集します。

BETTER DAYS

試聴 Click!

ウッドストック系ならではの「たおやかさ」の中にブルース探求の果ての妙味がつまりまくったコクのあるサウンドは絶品の一言。一生をかけて味わい尽くしたい、そんな米ロック屈指の傑作!

HAPPY & ARITE TRAUM

試聴 Click!

デュオの名前からしてほんわかしてますが、サウンドもウッドストック人脈が紡ぐハートウォームなルーラル・フォーキー・ロックですね。さすがブラックホーク99選の一枚。

JOHN SIMON

試聴 Click!

ザ・バンドの1st、2ndを手がけた名プロデューサーによるソロ作だって!?ウッドストック人脈やLAスワンプ人脈が集結した、ドリーミー&アーシーな米ロック傑作だって!?

MUD ACRES 1972

試聴 Click!

ハッピー&アーティ兄弟、エリック・カズ、ジョン・ヘラルド、ビル・キース、マリア・マルダーなど愛すべきウッドストックの良心たちによる気ままなセッション作。72年の第一弾。

MUD ACRES 1977

試聴 Click!

ウッドストック人脈による気ままなセッション作、77年の第二弾。渋谷道玄坂のブラックホークがセレクトしたアルバム99選のうちの一枚。

THE BAND

試聴 Click!

ウッドストックにあった劇場にて録音した3rdアルバム。前作までと比べて、ウッドストックならではの陽気さが感じられる軽快かつしなやかな佳曲ぞろい。愛すべき名盤!

JESSE WINCHESTER

試聴 Click!

ウッドストック系SSW屈指の傑作。南部出身のSSWがカナダへたどり着き、ザ・バンドのロビー・ロバートソンと知り合い、彼のプロデュースの元、ウッドストックで録音されたルーラルな逸品。

BOBBY CHARLES

試聴 Click!

陽光溢れる極上のルーラル・ロックですね。ザ・バンドのメンバーをはじめウッドストック人脈の他、ドクター・ジョンも参加。名曲「Small Town Talk」の柔らかな土の香り。いいなぁ。

JOHN HERALD

試聴 Click!

ウッドストック系SSWの人気作。まるでグラム・パーソンズを夢見心地にしたようなヴォーカル!? ほのぼのとした米カントリー・ロックの愛すべき作品ですね。エイモス・ギャレットのスライドがたまらない☆

MARIA MULDAUR

試聴 Click!

ジェフとの夫婦デュオを解消した後にリリースした73年のソロ。大ヒットした彼女の代表曲で、ここでのエイモス・ギャレットのギターは、彼の一世一代の名演!

BONNIE RAITT

試聴 Click!

男勝りのスライド・ギターの名手でもある女性SSW。ウッドストック人脈のサポートのもと、ご機嫌なアンサンブルを繰り広げる米女性SSWの傑作!

GEOFF & MARIA MULDAUR

試聴 Click!

西海岸にデラニー&ボニーがいるなら、東海岸にはこの夫婦デュオがいるさ!エイモス・ギャレットのギター、ポール・バターフィールドのハープも絶品の味わい。

KEN LAUBER

試聴 Click!

ウッドストックに住んでいてディランとも親交のあったSSW。ナッシュビルに渡り、エリア・コード615をバックに制作したフォーキー&メロウな傑作で、「ブラックホーク99選」の一枚。

MT. AIRY

試聴 Click!

名バンジョー奏者エリック・ワイズバーグによるグループ。コクのあるスワンピーなヴォーカル、ロニー・レインのようなヴォーカル、ともに魅力ですし、みんなでハモリだしたら、そりゃ、グッときちゃいますよね!

TOM AKSTENS

試聴 Click!

ベアズヴィル・スタジオで録音された米ルーツSSWの一枚。プロデュースは、アーティ・トラウム。ウッドストック系SSWの隠れた逸品。MUD ACRESが気に入ったらこちらも是非!

JESSE FREDERICK

試聴 Click!

ベアズヴィルから71年作で、録音はナッシュビル、エンジニアにはトッド・ラングレンも参加!ということで、熱いスワンプをやっても、「気品」や「陰影」を感じさせるんですよね〜。ウッドストック名盤!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BOBBY CHARLES / BOBBY CHARLES

    72年作、ザ・バンドのメンバーと作り上げた極上のロック・ミュージック、穏やかな休日にぴったりの一枚

    チェス・レコードに在籍し1950年代から活動していたミュージシャンで、70年代に入ってウッドストックに移り住み、そこで知り合ったザ・バンド人脈と作り上げた72年のデビュー作。本人+リック・ダンゴ+ジョン・サイモンによるプロデュースで、ザ・バンド全員に加え、ドクター・ジョン、デイヴィッド・サンボーン、エイモス・ギャレットなどが参加。もうメンツから想像できるまんまの極上のロック・ミュージックで、名曲「Small Town Talk」をはじめ、土の香りとやわらかな陽光が部屋に溢れる愛すべき楽曲が揃った傑作。英国で言えば、アーニー・グレアムでしょうか。木漏れ日系の最高峰ですね。

    • VICP64221

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、解説元から無し、定価1500

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

  • HAPPY & ARTIE TRAUM / DOUBLE BACK

    60年代にはディランと活動をともにした兄弟フォーキー・デュオ、71年作2nd

    60年代前半からボブ・ディランやピート・シーガーらと供にニューヨークで活動し、ディランとは数々のレコーディングをしているSSWのハッピー・トラウムによる兄弟デュオ、71年作の2nd。ふくよかでタイトなリズム隊、哀愁に満ちたアコギ・ストローク、そして陰影あるハートウォームな歌声と豊かなハーモニー。エリック・カズやエイモス・ギャレットなど名うてのミュージシャンによる芳醇な演奏も特筆。アルバムのどこを切っても素朴で温かなメロディとアンサンブルが溢れ出す、メロディアスなルーツ・フォーク・ロックの傑作。

  • JESSE FREDERICK / JESSE FREDERICK

    ベアズヴィル・レーベルから71年にリリースされた71年唯一作、アーシーかつ幻想的な米スワンプ名作

    米東部メリーランド州出身のSSW。71年にベアズヴィルからリリースされた唯一作。録音はナッシュビルで、プロデュースは、ナッズやトッド・ラングレンを手がけたマイケル・フリードマン。トッド・ラングレンはリミックス・エンジニアとして参加しています。しとしと降る雨のように陰影豊かに紡がれるアコギ、艶やかなストリングスと女性コーラス。オープニングからジャケのイメージ通りの世界が広がります。タイトなドラムが静寂を突き破ると、ちょっぴりしわがれた歌声のアーシーかつメランコリックなヴォーカルが叙情豊かなメロディをソウルフルに歌い上げ、バックでは、ピアノと管弦楽器がサポート。この1曲目〜2曲目の流れに歓喜しない米スワンプ・ファンは居ないでしょう!その後も、アーシーかつ幻想的なバラードからレオン・ラッセルばりにファンキー&メロウなスワンプまで佳曲ぞろい。熱いスワンプをやっても、「気品」や「陰影」を感じさせるのは、いかにもベアズヴィル産。ジャケにピンときたスワンプ・ファン、ウッドストックの愛すべきミュージック達のファンは必聴の名作です。

  • JESSE WINCHESTER / JESSE WINCHESTER

    71年リリース、ザ・バンドのロビー・ロバートソンによるプロデュース、カナダ産フォーク・ロックの逸品

    メンフィス生まれで、ベトナム戦争の兵役を逃れるためにカナダに移住したSSW。THE BANDのRobbie Robertsonがプロデュースした71年デビュー作。Levon helmも参加しています。そしてエンジニアとしてTodd Rundgrenも関わっているようです。ヒゲのお顔からはダミ声の渋い声を想像しましたが、実際は、英パブ・ロック勢に通ずる心温まる素直な歌声。サウンドもそれほど渋みはなく、Gram Personsあたりを想わせるカントリー・フレイバーなフォーク・ロック。郷愁を誘う名作。

    • VICP64223

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、解説元から無し、定価1500

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • WPCR15225

      13年デジタル・リマスター、定価1200

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

  • KEN LAUBER / CONTEMPLATION (VIEW)

    ウッドストックで活動していたSSWがナッシュビルに渡り、エリア・コード615をバックに録音した69年作、メロウ・フォーキー極上盤!

    ウッドストックで活動していたSSWがナッシュビルに渡り、名うてのセッション・マンが集まったカントリー・ロックの名グループ、エリア・コード615をバックに制作した作品。69年作。枯れた中にも憂いのあるヴォーカル、ザ・バンドに通じる芳醇なメロディ。ヴォーカル&メロディを優しく包み込む、ペダル・スティールを中心とするしっとりと陰影あるアンサンブル。ヴォーカル、メロディ、演奏のどこを切っても哀愁がこぼれ落ちる、フォーキー・メロウ・ロックの傑作。

  • THE BAND / STAGE FRIGHT

    トッド・ラングレンがレコーディングとミックスを担当した70年作

    • TOCP67393

      紙ジャケット仕様(黒帯)、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、定価2600

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

    • TOCP95016

      SHM-CD、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、定価2674

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      ジャケに若干CD跡あり

      1390円

      1112円
      (税込1201円)

      300円お得!

      CD詳細ページへ

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!