プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

【米スワンプ・ロック/SSW探求】 米南部ルーツ・ミュージックがにじむスワンプ・ロック/SSWの芳醇な世界

カントリー、ブルース、R&B、ゴスペル。

米南部のルーツ・ミュージックをグツグツと煮込み、白人と黒人ミュージシャンが一緒になって生まれたのがサザン・ソウル。

スタックスやマッスル・ショールズなど名スタジオでソングライティングにアレンジに腕を競った白人ミュージシャンがロック・フィールドへ進出し、数々のスワンプ/SSWの名作を生み出しました。

ここでは、サザン・ソウルのメロウネスがにじむ南部出身のグループやSSWをピックアップいたします。

それでは、ディープな米スワンプ/SSW沼へゴー。

DAN PENN

試聴 Click!

60年代から南部アラバマはマッスル・ショールズのフェイム・スタジオでソングライター&プロデューサーとして活躍した、言わずと知れた名ミュージシャンによる73年作の1stソロ。生涯の一枚だなぁ。

SPOONER OLDHAM

試聴 Click!

マッスル・ショールズで活躍した名ピアニスト&オルガン奏者で、あのダン・ペンとのソングライター・コンビとしても知られる名ミュージシャンによる72年作1stソロ!

WATCHPOCKET

試聴 Click!

憂いあるしゃがれ声がたまらんですね。サザン・ソウルの名門スタックスを支えた名セッション・グループ、ブッカー・T&MGSのギタリスト、スティーヴ・クロッパーなど、腕利きが参加したコクのある演奏も最高!

BOONDOGGLE & BALDERDASH

試聴 Click!

米南部のデュオ。71年作。哀愁いっぱいのオルガンと鼻にかかったアーシーかつ憂いのある歌声が胸に染みるなぁ。

CATES GANG

試聴 Click!

ザ・バンドのメンバーとつながりがあるケイト兄弟によるデュオ。73年にMETROMEDIAよりリリースされた2nd。ザ・バンドにゴージャスな女性コーラスやホーン・セクションを加えたようなサウンドは、前作の延長線上ですが、より骨太でスワンピーになった印象。演奏はボトムがズシリと重い、強力にうねるスワンプなんですが、ヴォーカルはサザン・ソウル的に洗練されているのが特徴。これはかな〜りカッコ良いです!

VERNON WRAY

試聴 Click!

南部アラバマで録音された72年の唯一作で、カントリー、フォーク、ソウルなどルーツ・ミュージックの芳醇なエッセンスを濃縮した傑作!マイナーですが、ダン・ペンの名作にも比肩!

STEVE YOUNG

試聴 Click!

グラム・パーソンズのバーズ時代の名曲「ヒッコリー・ウィンド」からカントリー色を薄め、ニール・ヤング『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』の陰影を加えたようなサウンド!?

BALDERDASH

試聴 Click!

BOONDOGGLE & BALDERDASHの片割れによるソロ。レオン・ラッセルほどじゃないけど、これぞスワンプ・ロック声と言えるダミ声!ピアノと女性コーラスが哀愁を放つエネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロック傑作です。

BOB McDILL

試聴 Click!

マッスル・ショールズにDan Pennが居るなら、ナッシュビルにはこの男が居るさ!DIXIE FLYERSをバックに、72年に録音された唯一のソロ作、染みるなぁ。

WAYNE TALBERT

試聴 Click!

ダグ・サームのサー・ダグラス・クインテットのKey奏者の70年作ソロなんですが、これがもう、スタックス産サザン・ソウルやダン・ペンのソロが好みの方はグッとくること間違いなしな名作っ!

BOBBY HATFIELD

試聴 Click!

フィル・スペクターの元を離れ、一人、アラバマはマッスル・ショールズに赴いた男による確かな記録であり、さすがはマッスル・ショールズ産とうなる名作!

BLUE JUG BAND

試聴 Click!

78年とは思えない温かなサウンドに包まれたザ・バンド直系の南部のグループ。前作はカプリコーンということで、哀愁のツイン・リードもキまっててグッとくるな〜。ザ・バンドのファンは是非!

ROY HEAD

試聴 Click!

テキサス出身のシンガーによる72年作4th。メンフィス録音で、スティーヴ・クロッパーが全面参加!さすが、しなるようなトーンで歌心いっぱいのフレーズがたまらない!トニー・ジョー・ホワイトも一曲でゲスト参加!

HIGH MOUNTAIN HOEDOWN

試聴 Click!

名ソングライターのジェリー・ウィリアムス率いるグループ。男性版キャロル・キングと言えるようなアーシーかつ洗練された歌唱がたまらないなぁ。

JERRY WILLIAMS

試聴 Click!

なんと感動的なメロウ・スワンプだろう(涙)。エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンにも曲を提供したいぶし銀のSSWによる72年作ソロ。ニッキー・ホプキンスのピアノも泣ける。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BALDERDASH / BALLAD OF SHIRLEY GOODNESS & MERCY

    72年作、エネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロック傑作

    前年にBOONDOGGLE & BALDERDASHとしてスワンプ・ロック傑作を産み落としたデュオの片割れによる72年作ソロ。レオン・ラッセルほどではないにしろ、これぞスワンプ・ロック声と言えるダミ声で粘りのある歌唱のヴォーカル、タイト&グルーヴィーなリズム、リズミックなピアノ、ゴージャズな女性コーラスとブラス。エネルギッシュかつコクのある米スワンプ・ロックの傑作です。

  • BLUE JUG / BLUE JUG BAND

    ザ・バンド直系の米南部出身ルーツ・ロック・グループ、郷愁を誘うアーシーなサウンドが泣ける78年作2nd

    米南部出身のルーツ・ロック・グループ。78年にARIOLAレコードからリリースした2nd。75年にカプリコーンからリリースした1stが、カプリコーンながらサザン・ロックというよりザ・バンド直系のアーシーなルーツ・ロックでしたが、この2ndもその延長線上のサウンド。ふくよかにたゆたうメロディアスなアコギ・アルペジオ、対照的にゴリっと骨太で豊かなトーンのエレキ・ツイン・リード、リヴォン・ヘルムを彷彿させるアーシー&メロウなヴォーカル、郷愁を誘うマンドリンやフィドルやピアノ、いぶし銀にバンドを支えるコクのあるリズム隊。78年とは思えない温かみあるサウンドで、ザ・バンドのファンは間違いなく気に入るでしょう。レーベルからのインフォにある通り、JAYHAWKSなどルーツ・ロックのDNAを持つ新鋭のファンにもオススメ。ルーラルなルーツ・ロックの逸品です。

  • BOB MCDILL / SHORT STORIES

    レイ・チャールズなどに楽曲を提供したナッシュビルを代表する職業ソングライターによる72年のソロ唯一作、サザンSSW/スワンプの逸品

    テキサス出身で、ナッシュビルで活躍したミュージシャン。職業ソングライターとしては、レイ・チャールズやジョー・コッカーなど多数の名アーティストに提供し、そのうち31曲がナンバーワンヒットなるなど、言うなればマッスル・ショールズにDan Pennが居るなら、ナッシュビルにはBob McDillが居るさ、といった感じ。本作は、Dan Pennの『Nobody's Fool』にも参加したDIXIE FLYERSをバックに、72年に録音された唯一のソロ作。他に、Ken LauberやSusan TaylorやDanny Flowersなどナッシュビルの名うてのSSWがゲスト参加。ふくよかで歌心に溢れたリズム隊、アーシー&センチメンタルなピアノやアコギのサザン・フィーリング溢れるバッキング、そして、柔らかな歌声でじんわりと染みる歌声。派手さはないものの、聴けば聴くほどに味わいがます哀愁のSSW/スワンプ名品です。

  • BOONDOGGLE & BALDERDASH / BOONDOGGLE AND BALDERDASH

    71年発表の米スワンプ・ロック傑作、アメリカナイズドな英パブロックのファンにもオススメ!

    男性SSW2人によるデュオ、米スワンプ・ロックの傑作と言われる71年唯一作。アコギとピアノが軽快かつしなやかに弾み、スライド・ギターが時にメロウに、時にアーシーな表情をそえるアンサンブルが印象的。それほどアクはなく、憂いのある歌声とハーモニー、ハートウォームなオルガンには、ニック・ロウ率いるブリンズリー・シュウォルツなど、アメリカ憧憬英パブ・ロックのファンにもオススメできます。哀愁いっぱいで心にジンと染みる佳曲揃いの逸品。

  • CATES GANG / COME BACK HOME

    スワンプ・ファンは必聴というか、これを聴かずに死ねない!?73年のメロウな米スワンプ・ロック傑作!

    ザ・バンドのメンバーとつながりがあるケイト兄弟によるデュオ。73年にMETROMEDIAよりリリースされた2nd。ザ・バンドにゴージャスな女性コーラスやホーン・セクションを加えたようなサウンドは、前作の延長線上ですが、より骨太でスワンピーになった印象。演奏はボトムがズシリと重い、強力にうねるスワンプなんですが、ヴォーカルはサザン・ソウル的に洗練されているのが特徴。これはかな〜りカッコ良いです!あまりの良さに笑うしかない、というか、ワクワク感に自然と笑みがこぼれる名曲ぞろい。スワンプ・ファンは必聴というか、これを聴かずに死ねない!?

  • DAN PENN / NOBODY'S FOOL

    米SSW/スワンプ・ロック・ファンは避けては通れない、DAN PENNの73年1stソロ作!

    60年代から南部アラバマはマッスル・ショールズのフェイム・スタジオでソングライター&プロデューサーとして活躍したミュージシャン、73年作の1stソロ。心に染みるソウルフル&メロウなヴォーカル、流麗なメロディ、芳醇なギター、しっとりとメロディを包むホーン・セクション。サザン・ソウル・シーン屈指のソングライターとしての風格と、腕利きの猛者たちによるいぶし銀の演奏が光る、味わうほどに味の出る生涯の一枚!米SSW/スワンプ屈指の大傑作です。

  • HIGH MOUNTAIN HOEDOWN (HIGH MOUNTAIN) / HIGH MOUNTAIN HOEDOWN

    クラプトンにも曲を提供した名ソングライター、ジェリー・ウィリアムス率いる米フォーク/スワンプ・ロック、名作!

    エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンにも曲を提供した名ソングライターのジェリー・ウィリアムス率いる米フォーク/スワンプ・ロック・グループ、69年の唯一作。ズシリと響くベース、タイトでもったりとしたリズムを刻むドラムはスワンピーですが、ハイ・トーンの流麗なヴォーカルと巧みなコーラス・ワークが印象的なため、たいへんメロディアス。それにしてもヴォーカル&メロディが絶品!男性版キャロル・キングと言えるようなアーシーかつ洗練された歌唱から、声を張ったシャウトまで表情豊か。楽曲もバーズやバッファロー・スプリングフィールドを彷彿させるヌケの良いフォーク・ロックから、ブラスも入ったスワンピー&メロウなナンバーまで本格感プンプン。スワンピーな土臭さとウェストコースト・ロックの黄昏感とが絶妙にブレンドした名作。

  • JERRY WILLIAMS / JERRY WILLIAMS

    クラプトンにも曲を提供したいぶし銀のSSW、72年作ソロ、ニッキー・ホプキンスが全面参加、最上級のリリシズムを聴かせる傑作

    エリック・クラプトンやデイヴ・メイスンにも曲を提供したいぶし銀のSSW。72年作ソロ。翌年に『夢見る人』をリリースする(その中の4曲で共作)ニッキー・ホプキンスや、ニール・ヤング『今宵その夜』などでお馴染みのギタリスト、ニルス・ロフグレンが参加しているのも注目。線の細いヴォーカルが特徴で、アクの強さはなく、繊細な叙情美溢れるソウルフル&メロウな歌唱が光ります。ウイスキーを飲みながら深夜に聴きたい翳りあるスワンピーなナンバーはもちろん、なんと言っても、ニッキー・ホプキンスの流麗なピアノをフィーチャーしたアーシーなバラードが絶品。もう最上級の男の哀愁と切なさ。スワンプ・ファンはもちろん、SSWファンも、ニール・ヤングなどフォーク・ロックのファンも必聴!あっ、クラプトンのファンももちろん!彼が参加していたグループ、HIGH MOUNTAIN HOEDOWNもあわせて是非!

  • ROY HEAD / DISMAL PRISONER

    テキサス出身のスワンプ・シンガー、メンフィス録音のスワンプ・ロック傑作、スティーヴ・クロッパー参加

    テキサス出身のシンガー。メンフィスで録音され、72年にリリースされた4thアルバム。開放的なムードのパーカッション、グルーヴィーなホーン・セクションやゴスペル・コーラス、軽快に転がるピアノ、そして、ソウルフルでいて人懐っこくメロウなヴォーカル。泥臭さや渋みはあまりなく、英パブ・ロックにも通じるような陽気さや牧歌性が印象的です。スティーヴ・クロッパーが全面的に参加していて、歌心いっぱいのフレーズで哀愁のメロディを盛りたてています。トニー・ジョー・ホワイトも一曲でゲスト参加。スワンプ・ロックのファン、メロウなサザン・ソウルのファンは必聴の傑作です。

  • SPOONER OLDHAM / POT LUCK and SPARE CHANGE

    マッスル・ショールズで活躍した名SSWによる72年作、ダン・ペンの名作と並ぶスワンプ/SSW屈指の傑作!82年作『SPARE CHANGE』とのカップリング

    米南部アラバマはマッスル・ショールズのFAMEスタジオで、ダン・ペンとのソングライター・チームとして、オルガン&ピアノのセッション・ミュージシャンとして活躍したミュージシャン。LAに移ってからは、ディラン、ジョー・コッカー、ジャクソン・ブラウン、ニール・ヤングの作品に参加するなどロック界で知られる名プレイヤーです。そんな彼が、72年にリリースした1stソロが本作。決してうまくはないものの、音程のゆらめきから叙情がしっとりとこぼれ落ちる「味」のあるヴォーカル、流麗で円熟したメロディ、柔らかに叙情を描くオルガンとピアノ。とにかく胸を締め付けるアーシー&メロウな佳曲がこれでもかと続きます。ダン・ペンの名作と並び、米スワンプ/SSW屈指の作品です!

  • VERNON WRAY / WASTED

    72年の米スワンプ/SSWの傑作、アーシー&メロウでシンガーソングライター然とした楽曲が魅力!

    リンク・レイの兄による72年の唯一作。原盤はライブ会場で販売されたのみの激レア盤。ジェントルで憂いにみちたテナー・ヴォーカルと優しく鳴らされるアコギ、流麗なピアノが胸に染みるアーシー&メロウでシンガーソングライター然とした楽曲が魅力。とにかくヴォーカルが素晴らしく、しっとりと落ち着いた歌声、ジーン・クラークやダン・ペンに通じる味わい深い歌唱ともに絶品。叙情性豊かなスワンプやSSWのファンは必聴の大名盤。名曲ぞろいです。

  • WATCHPOCKET / WATCHPOCKET

    実力派メンバーがバックを固めた、マイナーながら米スワンプ・ロックの名作、73年作

    60年代にガレージ・バンドのリーダーとして活躍したシド・ヘリングのソロ・プロジェクトで、ブッカー・T&MGSのギタリスト、スティーヴ・クロッパーや80年代にクラプトンに楽曲を提供したことで知られるSSW、ジェリー・ウィリアムスが参加して73年に作られた唯一作。エネルギッシュなシャウトからソウルフル&メロウな歌唱まで、憂いあるしゃがれ声が胸に迫るヴォーカル。ホーン・セクションと女性コーラスが彩るタイト&グルーヴなスワンプからしっとりとしたピアノが美しいアーシーなバラードまで安定感抜群のアンサンブル。とにかく、ヴォーカル、メロディ、演奏ともに実力派メンバーらしい芳醇な魅力に溢れています。これはマイナーながらスワンプ・ロックの名作!

  • WAYNE TALBERT / HOUSTON NICKLE KICKS

    ヒューイ・モーのプロデュース、70年にリリースされた3rd、サザン・ソウル/スワンプの名作

    ダグ・サームのサー・ダグラス・クインテットのKey奏者としても知られるウェイン・ダルバートによる70年にマーキュリーからリリースされた3rdアルバム。プロデュースは、サー・ダグラス・クインテットはじめとするスワンプ・ポップの仕掛け人のヒューイ・モー。アクの強い黒人ばりのソウルフルなヴォーカル、しなるようにグルーヴィーなリズム隊、ホーン・セクション、女性コーラス、ハモンド・オルガン。南部臭ぷんぷんのソウル/スワンプ作で、スタックス産サザン・ソウルやダン・ペンのソロが好みの方はグッとくること間違いなしな名作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!