プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

【米スワンプ・ロック/SSW探求】パブ・ロッキンなゴキゲン哀愁ソウルフル・ヴォーカル!

八重樫さんのナビゲーションでディープな米スワンプ/SSWの世界を探求するコーナー『沼へ行く』。

今回は、パブ・ロッキンなゴキゲン哀愁ソウルフル・ヴォーカル沼へゴー!

八重樫『フッフン…店長!』

店長『あ、八重樫さん、どうもです!それじゃ早速、なにかオススメしてもらおうかな。そうだな〜、フランキー・ミラーっぽいのあります? あんまりアクが強くないのが最初は良いんですけど。』

八重樫『店長、さてはカケレコ・ジュークボックスに僕がアップした「英国ホワイト・ソウル・シンガー!」を見て、フランキー・ミラー気に入っちゃったわけね。それじゃ、こんなのやあんなのを掛けちゃうよ…フッフン!』

GARY ST.CLAIR

試聴 Click!

イギリスにフランキー・ミラーが居るなら、本場アメリカにはこいつが居るさ!ソウルフルかつメロウネスもある完璧なホワイト・ソウル・シンガーによる71年作!

TIM TUTOR

試聴 Click!

『メイン・ストリートのならず者』あたりのストーンズに、モッズ時代のスティーヴ・マリオットが参加したようなサウンド!?エッジの立ったギター、コロコロ転がるピアノ、陽気なホーン・セクション!これ、最高!

BRENDA PATTERSON

試聴 Click!

可憐なルックスなのに、ジャニスばりのシャウト!? マッスル・ショールズの腕利きがサポートした演奏も最高。マイナーながら、こ、これは米スワンプ・ロック屈指と言えるほどの傑作。悶絶ですよ!

CALVIN KEANE

試聴 Click!

この人達はいったい何もの!? タイトなリズム隊も憂いのあるオルガンも最高潮にグルーヴィーだし、ソウルフル&メロウなヴォーカルもカッコ良すぎっ!恐るべし米スワンプ傑作!

CATES GANG

試聴 Click!

このギター、ザ・バンドのロビー・ロバートソンそっくり!双子の兄弟のハーモニーはただただ絶品だし、これはメロウなスワンプのファンは必聴ですね。

RAYMOND LOUIS KENNEDY

試聴 Click!

後にマイク・ブルームフィールドらとスーパーグループを結成したり、80年代にはマイケル・シェンカー・グループの一員として来日も果たすスーパーヴォーカリストによる、70年ソロなんですが、これがゴキゲンすぎる米スワンプ名作!

JERRY CORBITT

試聴 Click!

エッジの立ったトーンから生み出される躍動感と切れ味に満ちたリズム・ギターはカッコ良すぎ!元ヤングブラッズのギタリストのソロ・デビュー作ですが、いい曲目白押し〜。

DAVID LEE DANIELS

試聴 Click!

ブリンズリー・シュウォルツあたりの英パブ・ロックが好きなら、このアルバム、たまらんと思います。酔いどれたグルーヴ、ゴキゲンなホーン・セクション。ヴォーカルもグッとくる!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BRENDA PATTERSON / BRENDA PATTERSON

    可憐なルックスとは裏腹の豪快なスワンピー・ヴォーカルに驚かされる、フィメール・スワンプの73年大傑作!

    しぼり出すようなソウルフル&エネルギッシュなシャウトが魅力の女性ヴォーカル。スワンプ・ファンに人気のプレイボーイ・レコードから73年にリリースされた作品。マッスル・ショールズの名セッション・ピアニストでありプロデューサーとしても活躍するジム・ディキンソンやライ・クーダーやマッスル・ショールズの名セッション・ギタリストでストーンズの作品にも参加したウェイン・パーキンス、名スティール・ギター奏者のラスティ・ヤングなどが参加。無骨かつしなやかなライ・クーダーのギターをバックに、熱く太いシャウトが炸裂し、ホーンと女性コーラスがゴージャズに彩るオープニング・ナンバーから熱気は最高潮!ピアノとペダル・スティール・ギターが郷愁を誘う曲での、しっとりとエモーショナルな歌唱も胸に迫ります。熟練のミュージシャンによる演奏はもちろん、ブレンダのヴォーカルには本格感ぷんぷん。メロディもどの曲も素晴らしい。こ、これは米スワンプ・ロック屈指と言えるほどの傑作。悶絶ですよ!

  • CALVIN KEANE / CALVIN KEANE

    この人達はいったい何もの!?正体不明ながら驚愕のスワンプ・ロックを聴かせる、76年の傑作

    正体不明のSSW、原盤は檄レアで高額で取引されている76年唯一作。1曲目のイントロでただならぬ作品であることが分かります。アコギの後ろで乱れ打つコンガ、そこからタイトでふくよかなリズム隊、グルーヴィーで憂いのあるオルガンが入るといきなり熱気は最高潮。ソウルフルかつ陰影あるヴォーカル、スピード感いっぱいに上りつめるギター・ソロも聴き手の腰を揺らします。2曲目以降も、リリカルなSSW曲、ホーンがむせぶエモーショナル&メロウな曲、女声コーラスも入ったゴージャズな曲など大充実。この人達はいったい何もの!?これは、スワンプ・ロック/SSWのファンは必聴です!

  • CATES GANG / WANTED

    ザ・バンドのファンは必聴!72年のメロウな米スワンプ・ロック名作

    ザ・バンドのメンバーとつながりがあるケイト兄弟によるデュオ。72年にMETROMEDIAよりリリースされた1st。倍音が特徴のロビー・ロバートソン直系のギター、哀愁とコクのあるヴォーカル&メロディ、ゴージャスな女性コーラスとホーン・セクション、タイトなリズム隊。ザ・バンドをスワンピーにしたような曲、ソウルフル&メロウな曲、ゴキゲンなスワンプ・チューンともに名曲・佳曲ぞろい。2人の哀愁と洗練とが絶妙にバランスしたヴォーカルは、ただただ絶品の味わい。米スワンプ・ロックの名作です。

  • GARY ST.CLAIR / GARY ST.CLAIR

    完璧なホワイト・ソウル・シンガーのシャウトが炸裂!マイナーながら内容ではカナディアン・スワンプ・ロック屈指の大傑作!

    イギリスで言えばフランキー・ミラーあたりを彷彿させるソウルフルかつメロウネスもある完璧なカナディアン・ホワイト・ソウル・シンガー、71年作。タイト&グルーヴィーなリズム、温かいトーンの歪みが最高にカッコ良いギター、軽快にローリングするピアノ、ゴスペル調のゴージャズな女性コーラス、そしてエネルギッシュ&エモーショナルなシャウト!これを聴いて体が揺れないロック・ファンは居ないと断言!イーグルスのような陰影あるハーモニーが胸に迫るバラード、ニューオーリンズ的ゴキゲンかつヌケが良いナンバーまで、もうズラリと名曲が揃っています。マイナーではありますが、内容ではスワンプ・ロック屈指の大傑作!

  • RAYMOND LOUIS KENNEDY / RAY KENNEDY

    後にマイク・ブルームフィールドらとともにKGBを結成するスーパーヴォーカリストの70年作ソロ、米スワンプ名作!

    後にマイク・ブルームフィールドやカーマイン・アピスとともにスーパーグループKGBを結成するヴォーカル&ソングライター。CREAM RECORDSより70年にリリースされたソロ。オープニングから、ゴージャスなブラス&女性コーラスとともに、ハスキー&ソウルフルなシャウトが炸裂!さすがはKGBに誘われ、80年代にはマイケル・シェンカー・グループの一員として来日も果たすヴォーカリスト。全編に渡ってエネルギッシュな歌唱が光っています。ブルース〜カントリー〜ソウルの米ルーツ・フレイヴァーを西海岸の爽やかな風で包み込んだような爽快かつグルーヴィーな演奏も最高にゴキゲンで哀愁たっぷり。スワンプ・ファン必聴です!

  • TIM TUTOR / BOPPIN' THROUGH THE MILKY WAY

    『メイン・ストリートのならず者』あたりのストーンズに、モッズ時代のスティーヴ・マリオットが参加したようなサウンド!?

    スワンプ・ファンに人気のプレイボーイ・レコードから73年にリリースされた作品。これはスモール・フェイセズやストーンズのファンは熱くなること間違いなし。エッジの立ったトーンでシャープかつゴキゲンなリズムを刻むギター、コロコロ転がるピアノ、陽気なホーン・セクション。『メイン・ストリートのならず者』あたりのストーンズに、モッズ時代のスティーヴ・マリオットが参加したようなサウンドは、いつ聴いてもワクワクしてしまいます。米スワンプのファンはもちろん、英パブ・ロックのファンも是非!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!