プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

チェンバー・ロック/アヴァン・ロック00年代新鋭特集【ALTROCKレーベル編】

05年に実験的なロックのためのフェスを開催するために設立され、翌06年に、YUGENの作品をリリースし、レーベルとしてもスタートしたイタリアに本拠を置くAltrock Productions。

70年代後半にヘンリー・カウの主導で世界中を巻き込んだ反商業主義ロックの連帯組織運動「R.I.O.」の意志を継ぎ、イタリアを中心とする反商業主義の芸術的に高度な音楽を続々とリリースし、現代のチェンバー/アヴァン・ロック・シーンを力強く牽引しています。

それでは、レーベルの顔と言えるチェンバー・ロック新鋭屈指のグループYUGENをスタートに、注目の作品をピックアップいたしましょう。

YUGEN

試聴 Click!

イタリアが誇る現代チェンバー・ロック最高峰のグループ。レッドゾーンを振り切るテンションみなぎる演奏は、ヘンリー・カウやクリムゾン『太陽と戦慄』にも負けてない・・・。それにしても圧倒的な強度。

RATIONAL DIET

試聴 Click!

狂気のヴァイオリン、暴走するサックス、偏執狂的ギター。東欧の小国ベラルーシに突如あらわれたチェンバー・ロック・グループ・・・恐るべし。

OCTOBER EQUUS

試聴 Click!

スペインを代表する、というだけでなく、ユーロ屈指と言えるチェンバー・ロック新鋭による2011年作3rd。ユニヴェル・ゼロ&クリムゾン影響下にある暗黒でソリッドなチェンバー・ロック傑作。

UT GRET

試聴 Click!

これ、アメリカのグループの2014年作なの!?ヨーロピアンな翳りいっぱいで、ズール系やユニヴェル・ゼロから民族音楽まで視野に入れたチェンバー・ロック傑作!

FACTOR BURZACO

試聴 Click!

アルゼンチンはブエノス・アイレス出身で、クリムゾンやジェントル・ジャイアントやヘンリー・カウとともに、ドビュッシーやルチアーノ・ベリオやリゲティ・ジェルジュに親しんだコンポーザーのAbel Gilbert(1960年生まれ)率いるチェンバー・ロック・バンド。SLAPP HAPPYやCOSのファンにはたまらない女性ヴォーカルのコケティッシュ声も特筆!

INNER EAR BRIGADE

試聴 Click!

カリフォルニアの新鋭グループの2012年作。カンタベリー meets ポスト・ロックと言えるサウンドで、小山田圭吾がギターで参加した最近のYMOに、70年代当時のハットフィールドのメンバーが飛び入り参加!と言えば、この素晴らしさが伝わるでしょうか!?

HUMBLE GRUMBLE

試聴 Click!

ベルギーのレコメン系グループの2012年作なんですが、アカデミックさと奇天烈さとヨーロピアンな洗練とがゴッタ煮されてて、テクニカルなのに温かくしなやかだし、ザッパやゴングのファンはヤられるはず!

RHUN

試聴 Click!

サックスやオーボエやクラリネットやオーボエやバスーンなど管楽器奏者を多数擁するフランスの新鋭大所帯バンド、2013年デビュー作。『レッド』期のクリムゾンのスタジオにマグマとヘンリー・カウが乱入したような恐るべきチェンバー・ロック!

ARANIS

試聴 Click!

ベルギーの新鋭による2010年作。フルート、ヴァイオリン、アコーディオン、ピアノをフィーチャーしたアコースティカルな編成ですが、ダークに迫るような変拍子を中心に、美しくも暗黒のチェンバー・サウンドが絶品!

CUCAMONGA

試聴 Click!

アルゼンチンのサックス奏者、エレピ奏者、ギターとリズム隊の5人組による2012年作。カンタベリー色、サムラばりの屈折感を混ぜ込んだカンタベリー/レコメンのファンは必聴の逸品!

STABAT AKISH

試聴 Click!

フランス産新鋭ジャズ・ロック・バンドによる12年作2nd。チェンバー・ロック直系のみなぎるテンションを軸に、サムラに通じるユーモア感覚やフランスならではの耽美さを練り込んだサウンドはかな〜り完成度高し!

WRUPK UREI

試聴 Click!

ノイ!などクラウト・ロックやゴングなどサイケ・ジャズ・ロックのDNAを継ぐ個性的な新鋭をなんとエストニアで発見っ!

BREZNEV FUN CLUB

試聴 Click!

ザッパやピッキオ・ダル・ポッツォやオパス・アヴァントラのDNAを継ぐイタリアの新鋭チェンバー・ロック・バンド。チェンバー・ロックならではの不協の音が生む緊張感とともに、一音一音に瑞々しい煌きや色彩感があって、これはずばり傑作と言える気鋭の2015年作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • BREZNEV FUN CLUB / IL MISANTROPO FELICE

    ザッパやピッキオ・ダル・ポッツォやオパス・アヴァントラのDNAを継ぐイタリアの気鋭のチェンバー・ロック・バンド、ずばり傑作と言える15年作2nd

    90年代はじめから活動するイタリアのチェンバー・ロック・グループで、グループのブレインは、ミランで活動するコンポーザーのRocco Lomonaco。彼を中心に、多数の管弦楽奏者を交えて制作され、新進気鋭のALTROCKレーベルより2015年にリリースされた2nd。レーベルからのインフォには、カンタベリー・ミュージック、ザッパ『アンクル・ミート』、ピッキオ・ダル・ポッツォ、オパス・アヴァントラ、新鋭のYUGENあたりが好きなら必聴、と記されていますが、確かにその通り。というか、チェンバー・ロックならではの不協の音が生む緊張感とともに、一音一音に瑞々しい煌きや色彩感があって、往年のチェンバー・ロック名盤に比肩するクオリティに驚きました。個人的には、ザッパで言えば、『アンクル・ミート』よりも『ホット・ラッツ』に近い印象で、緻密でいて躍動する感じ。女性ヴォーカルが入ると、オパス・アヴァントラのような「気品」も漂うし、これは素晴らしい!チェンバー・ロックのファンはずばり必聴の傑作です。

  • CUCAMONGA / ALTER HUEVO

    これはカンタベリー/レコメンのファンは必聴!アルゼンチンの新鋭レコメン・グループ、12年作

    アルゼンチンの新鋭レコメン系グループ、2012年作。サックス奏者、エレピ奏者、ギターとリズム隊による5人組。ナショナル・ヘルスあたりのカンタベリー色、サムラを彷彿させるユーモラスな屈折感を混ぜ込んだサウンドは、硬質かつしなやか。テクニック、アンサンブルの構築ともにハイ・レベル。これは素晴らしいグループです。70年代のグループと言っても分からないサウンド・プロダクションも魅力的。カンタベリー/レコメンのファンは必聴です!

  • FACTOR BURZACO / 3

    アルゼンチンが誇る新鋭チェンバー・ロック・バンド、SLAPP HAPPYやCOSのファンにはたまらない女性ヴォーカルのコケティッシュ声炸裂の2014年傑作

    アルゼンチンはブエノス・アイレス出身で、クリムゾンやジェントル・ジャイアントやヘンリー・カウとともに、ドビュッシーやルチアーノ・ベリオやリゲティ・ジェルジュに親しんだコンポーザーのAbel Gilbert(1960年生まれ)率いるチェンバー・ロック・バンド。2014年作の3rd。女性ヴォーカルのCarolina Restucciaも特筆で、ダグマー・クラウゼ(SLAPP HAPPY)やパスカル・ソン(COS)を彷彿させる狂気とコケティッシュさを内包した歌声が強烈。クリムゾンのジェイミー・ミューア的な奔放なパーカッションにCarolinaの奔放なヴォーカルが乗るチェンバー・ミュージック、そして、管弦楽器とシャープなエレキ・ギターがまばゆいトーンでエキセントリックなアンサンブルを奏でるチェンバー・ロック、さらにニューウェイヴとゴシックを行ったり来たりするようなアヴァン・ポップも交えながらイマジネーション豊かに展開していきます。ユニヴェル・ゼロばりの器楽的な技巧を持ちつつ、強迫的にはならず、どこかカンタベリーにも通じるようなユーモラスさがあるサウンドが持ち味です。数多く好グループが出てきている2010年代以降のチェンバー・ロック・シーンの中でも屈指と言える強度と奔放さを持った名バンドによる傑作です。

  • HUMBLE GRUMBLE / GUZZLE IT UP

    ベルギーの新鋭レコメン・グループ、スリリングかつ有機的な2012年傑作

    ベルギーで96年に結成されたグループで、当初はフォークとジャズのミュージシャンによるアヴァン・フォークを演奏していたものの、ザッパやゴングやX-Legged Sallyなどの影響の元、プログレッシヴなスタイルへと変遷。カンタベリーにも通ずるジャズ・ロック/プログレとなった2011年の傑作に続く2012年作がこちら。ヘンリー・カウに通ずる緊張感といかにも東欧的なエキゾチックなうねりとの間を行き交うクラリネットやサックス、力まずしなやかに鋭角な変拍子を織り交ぜるリズム隊、浮遊感のあるビブラフォン、スラップ・ハッピーやゴングのようにアヴァン・フレイヴァーとユーモアに満ちた知的なヴォーカル&メロディ。細かな展開が多くスリリングながら攻撃性はなく、音色はアコースティックで有機的と言えるアンサンブルが印象的。内ジャケに写るメンバーの服装からは独特なセンスを感じますし、アカデミックさと奇天烈さとヨーロピアンな洗練とがゴッタ煮されたサウンドは一筋縄ではいきません。それにしてもこれだけテクニカルなのにこの音の柔らかさと温かみ。00年代新鋭レコメン・グループとしては屈指と言える好グループ。これは名作です。

  • INNER EAR BRIGADE / RAINBRO

    カンタベリー meets ポスト・ロック!これは強力な米プログレ/レコメン新鋭!

    カリフォルニアの新鋭ジャズ・ロック/プログレ・グループ、2012年作。オープニング・ナンバーの気持ちよさときたら!たゆたうようなカンタベリー・フレイヴァーな女性ヴォーカル、そのバックで軽快にリズムを刻むエレクトリック・ギター、ダンサンブルと言えるようなリズム隊。そんな気持ち良いサウンドにサックスが強烈なブローをお見舞いし、ゴングばりの変態ジャズ・ロックへと突入。カンタベリーやレコメンを軸に、ポスト・ロックの浮遊感やヌケの良さを加えたサウンドは実に痛快!小山田圭吾がギターで参加した最近のYMOに、70年代当時のハットフィールドのメンバーが飛び入り参加!と言えば、この素晴らしさが伝わるでしょうか。これは、名作!

  • OCTOBER EQUUS (OCTOBER EQUUS QUARTET) / SATURNAL

    スペイン出身、ユニヴェル・ゼロ&クリムゾン影響下にある暗黒でソリッドな音像のチェンバー・ロック、11年3rd

    スペインのチェンバー・ロック・バンド。11年作。ソプラノ&テナー・サックス/フルート/チェロという室内楽器、クリムゾン影響下の硬派でメタリックなギター、ファンタジックな広がりを演出するメロトロン/鍵盤楽器、そして畳み掛けるようなヘヴィなリズム・セクションが渾然一体となったスリリングで不穏な攻撃的アンサンブル!暗黒チェンバー、レコメン系、MAGMA好きに推薦。

  • RATIONAL DIET / ON PHENOMENA AND EXISTENCES

    東欧はベラルーシ出身、圧倒的にテンションみなぎるチェンバー・ロック、2010年作、名作!

    東欧はベラルーシ出身、管弦楽器奏者を含む6人編成のチェンバー・ロック・グループ。2010年作5th。テンションみなぎる変拍子、狂気のヴァイオリン、暴走するサックス、FRIPP譲りの偏執狂的ギター、スリリングなピアノ、Dagmar Krauseのごとくな女性Vo。とにかく圧倒的なテンション!HENRY COWやクリムゾン『太陽と戦慄』のファンは間違いなく気に入るでしょう。アンサンブルの強度が半端ではありません。おすすめ!

  • RHUN / FANFARE DU CHAOS

    『レッド』期のクリムゾンのスタジオにマグマとヘンリー・カウが乱入したような恐るべき仏新鋭、圧巻の2013年作

    サックスやオーボエやクラリネットやオーボエやバスーンなど管楽器奏者を多数擁するフランスの新鋭大所帯ジャズ・ロック・バンド、2013年デビュー作。『レッド』期のジョン・ウェットンばりに狂暴に歪んだベース、時にジャジーにシャープで時にビル・ブラッフォードばりにタイトなドラムによる重量級のリズム隊、そしてマグマやゴングやベルギーのCOSなどに通じる不気味な男女ヴォーカル&コーラス、ヘンリー・カウばりにテンションみなぎる管楽器アンサンブル。時にフリーキーにノイジーに牙をむくギターももの凄いテンションで特筆。管楽器による艶やかなチェンバー・ミュージックなパートとの落差も見事。まるで『レッド』録音時のクリムゾンのスタジオに、マグマとヘンリー・カウのメンバーが乱入したような強烈な作品。恐るべし!

  • STABAT AKISH / NEBULOS

    フランス産新鋭ジャズ・ロック・バンド12年作 、表情豊かなアンサンブルを聴かせるレコメン・ジャズ・ロック

    フランス産新鋭ジャズ・ロック・バンドによる12年作2nd。ジャズそのものな超絶テクニックを披露するリズム隊の上を、サックスやクラリネット、シンセなどがフリーキーに暴れ回るレコメン系ジャズ・ロック。ともすれば無機的になりがちなアンサンブルを、全編にフィーチャーされたマリンバの愛らしい音色がしっかりと人間味を与えています。時おり現れるエレピのロマンティックな響きも同系統のグループにはない豊かな表情を加味。SAMLA MAMAS MANNAを彷彿とさせるどこか間の抜けた展開を随所で放り込むセンスもいい感じです。その上いかにもフランスという耽美さすらほのかに感じさせるとあっては相当の実力を持ったバンドです。過激さとロマンを合わせ持つ稀有なレコメン・ジャズ・ロックの逸品です。

  • UT GRET / ANCESTOR'S TALE

    米ケンタッキー出身ながら、ヨーロピアンな翳りに包まれたチェンバー・ロックの好グループ、表現力豊かな2014年の傑作

    米中東部はケンタッキー州出身で、Key奏者、サックス/フルート奏者、バスーン奏者、クラリネット奏者、女性ヴォーカルを含むチェンバー・ロック・グループ。2014年作。カンタベリー・ミュージックやレコメン系や仏ZEUHL系などアヴァンギャルドなプログレ/ジャズ・ロックからの影響を軸に、ワールド・ミュージックや世界各国の民族音楽まで視野に入れた分類不能のサウンドが持ち味。シャープかつ艶やかなドラム、時に芳醇で時にテンションみなぎるバスーンやクラリネットやサックスやフルートなど管楽器、そして、陰影や色彩をアンサンブルに付けるオルガンやメロトロンやピアノ。アンサンブルは多彩で、カンタベリー・タッチの緻密に紡がれた流麗なパートから、ヘンリー・カウやキング・クリムゾン『太陽と戦慄』ばりの牙をむくパート、ユニヴェル・ゼロばりの異教的で呪術的な暗黒パート、エレピがたゆたう浮遊感あるパートなどを縦横無尽に織り交ぜながら、精緻に組み立てていきます。しっとりとした叙情で包み込むアンニュイな女性ヴォーカルも特筆。アメリカのグループですが、ヨーロピアンな翳りに包まれたサウンドは、チェンバー・ロック/レコメンのファンは必聴でしょう。素晴らしいグループです。

  • YUGEN / IRIDULE

    圧倒的な完成度で一気に聴かせる伊チェンバー・ロック/プログレ、2010年作、これは傑作です!

    伊チェンバー・ロック/プログレの新鋭。2010年作。HENRY COWやKING CRIMSONなど偉大なるグループの遺伝子を受け継ぎ、フリー・ジャズやクラシックなども飲み込んだアンサンブルは圧倒的な強度。硬質かつしなやかな高速変拍子を軸に、管弦楽器が恐ろしいほどテクニカルにそして流れるように躍動します。女性ヴォーカルによる叙情性も見事。圧倒的な完成度で一気に聴かせる傑作。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!