プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

Twitterフォロワーの皆さまと選んだ「色っぽい」女性ヴォーカリスト

「色っぽい」と感じるツボは、まったくもって十人十色。ここではTwitterを通じて皆さまからご紹介いただいた「色っぽい」女性ヴォーカリストをご紹介。年代、ジャンルを飛び越えた姫っぷり、とくとお愉しみください!

KATE BUSH

試聴 Click!

まずはビッグ・ネームから。彼女、デビュー作のジャケの時点からすでに反則級の色っぽさでした。「センシュアル・ワールドあたりはかなり色っぽい。(@cloudtoufuさん)」

JANIS JOPLIN

試聴 Click!

米ロッカー代表。「有名どころではジャニス・ジョプリンははずせませんね〜。「Pearl」収録のHalf Moonなんて絶品!(@crossrose5150さん)」そうです、魂の宿った声ほど色っぽいものはない!

SONJA KRISTINA (CURVED AIR)

試聴 Click!

英プログレCURVED AIRの紅一点、ソーニャ。時にシアトリカルに、時に無邪気に。ああソーニャ、君はそんなに深遠な目をして、何を想っているの..

DONELLA DEL MONACO(OPUS AVANTRA)

試聴 Click!

アヴァンギャルドなイタリアン・ロック・バンド、OPUS AVANTRAの歌姫。世界的なオペラ歌手でもあるDONELLAの、このうえのない大らかな包容力。(@Imatomoさんお薦め)

JULIANNE REGAN (ALL ABOUT EVE)

試聴 Click!

英メロディアス/ゴシック・ロック・バンドの紅一点。憂いを帯びた上品な色っぽさ。フェアポートへの参加で英フォーク/トラッドリスナーからも人気ですね。(@kiyoshi5941さんお薦め)

CANDICE NIGHT(BLACKMORE\'S NIGHT)

試聴 Click!

きました、金髪です。ご存知、リッチー・ブラックモア夫人。元モデルというだけに「色っぽさ」を魅せるテクニックに抜きん出てますね。(@kiyoshi5941さんお薦め)

MANDY MORE

試聴 Click!

カケレコスタッフKが個人的に悩殺されつづけている英ポップSSW。ピアノ弾き語りとオーケストレーションによる湿り気のある楽曲と、そしてあのロリ声、こりゃ堪りません。

PASCAL SON(COS)

試聴 Click!

ベルギーのカンタベリー系バンドの紅一点。独特なフランス語で発せられる巻き舌スキャットがクセになる、おしゃれなエキセントリック・クイーン。

CATHERINE HOWE

試聴 Click!

「姐さん」と呼ばせてほしい部門NO.1の、英フォークSSW。滑らかな声、湿った空気と煙草の香り...知り合いのスナック勤務の女性にそっくりです。

MARISKA VERES(SHOCKING BLUE)

試聴 Click!

全米NO.1も獲得したダッチ・ロック・バンドの小悪魔。猫系ロック・ヴォーカリストの最高峰。色気と実力を兼備した、現代の日本のギャルにも知ってほしい存在。

池 玲子

試聴 Click!

カケレコ・チャートでも急上昇中、日本初のポルノ女優。昭和の女性の艶と色気をムンムンと放射するような、こんな直球の色っぽさもたまにはどうでしょう?

RUSS MAYER'S PLAYGIRLS

試聴 Click!

ラストを飾るは、ディープな映画ファンやモンドファンにはお馴染みの「巨乳映画の巨匠」ラス・メイヤー監督の作品に登場する女優たち。ヴォーカルというか台詞、または嬌声ですが...

BETH ORTON

試聴 Click!

デジタル・ロック世代の彼岸に咲いた、瑞々しい感性とルックスで魅了する、英女性SSW。テリー・キャリアーやドクター・ジョン参加の99年作から軽快なリミックス・ヴァージョンを!テリーとデュエットした名曲「ドルフィン」もお薦めです!

Facebookコメント