プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

飛び散れ、俺の情熱!唾吐きフルート・ベスト・パフォーマンス選

穏やかな音色で叙情的なメロディを奏でていたフルートをロックに導入したIan Anderson。

唾飛び散る熱狂的な奏法でフルートの概念を覆し、楽器のエネルギッシュな魅力を引き出すことに成功。ミステリアスかつサウンドにダイナミズムを与える唾吐きフルートは、イタリアン・プログレ・グループを始め、多くのミュージシャンに影響を与えました。

ここでは世界各地から生まれた素晴らしい唾吐きフルート・パフォーマンスを選りすぐりでお届け。叙情性と鮮やかな対比を生み出す凶暴なフルートの魅力のみならず、野心的なアーティストの情熱も伝わるラインナップ。どうぞご試聴ください。

JETHRO TULL

試聴 Click!

元祖唾吐きフルートIan Anderson率いるJETHRO TULL。2nd収録曲「Bouree」を69年のライブ音源でご紹介。うめき声を漏らし、一本足のポーズで吹きまくる雄姿に圧倒されっぱなし。

FOCUS

試聴 Click!

オランダ出身のグループFOCUSの71年作2ndより「HocusPocus」。ハードなギターリフと変てこなヨーデル風スキャットが炸裂したインパクト大の名曲。中間部での唾吐きフルートからクライマックスへ突入!

GRAVY TRAIN

試聴 Click!

叙情的な2ndが人気のGRAVY TRAINですが、70年作の1stではフルートを加えたブルース・ロックをやっています。ノイジーなギターに負けじと唾吐きフルートが炸裂。ダークでサイケデリックなサウンドが魅力的。

GOLIATH

試聴 Click!

70年リリースの唯一作より。唾吐きフルートを中心に畳み掛けるアンサンブルと、紅一点Linda Rothwellによるアグレッシヴなヴォーカルが印象的。スピーディーな楽曲でも、どこか気だるさが感じられるところはいかにも70\'s英ロック。

GNIDROLOG

試聴 Click!

72年作2ndより。リリカルなアコギ&ピアノが印象に残る静的なパートと、唾吐きフルートとブラス・セクションがアグレッシヴにむせび泣く動的なパートとによるダイナミックなアンサンブルは、これぞ70sブリティッシュ・ロック。

OSANNA

試聴 Click!

イタリア出身、73年作3rdより。猛烈に叩きまくるドラム、ヘヴィなギター、唾吐きフルートによる荒々しいアンサンブル。狂気をも感じさせるフルートがおどろおどろしくも神秘的なサウンドに貢献。

JUMBO

試聴 Click!

真っ向からブルースに取り組み、イタリアン・ロックのなかでも異色の存在として知られるアルヴァーロ・フェッラ率いるジャンボのデビュー作より。フルートとパーカッションがエスニック色を加えているのが特徴。

DELIRIUM

試聴 Click!

イタリア出身のグループ、71年デビュー作より。ビート・ロックのポップ・センスを武器にフルートを中心にしたカンツォーネ型フォーク・ロック。アルバム中最もアップ・テンポである本楽曲では間奏部にて唾吐きフルートが登場。

DALTON

試聴 Click!

イタリア出身、72年発表の1stより。オルガン、メロトロンをふんだんに配した荘厳な雰囲気とむせび泣くフルートによる緊張感とのバランスがたいへん素晴らしい。哀愁のメロディーと切々と歌い上げるヴォーカルもたいへん感動的。

ERGO SUM

試聴 Click!

MAGMA人脈のフレンチ・サイケ・プログレ・グループ。71年の唯一作。アクの強いヴォーカルの歌い回しや、フルートをフィーチャーした起伏に富んだアンサンブルは、まるでJETHRO TULLをサイケデリックにしたようなサウンド。

LOS DUG DUG\'S

試聴 Click!

メキシコのグループ、72年作の2ndより。ザクザクと切り刻むヘヴィなギター・リフ、JETHROTULLばりに炸裂するフルート、エネルギッシュなシャウト・ヴォーカル。抜群の格好良さ!

NU

試聴 Click!

スペイン出身、78年作の1stより。荒れ狂うフルート、スリリングなヴァイオリン、重厚なメロトロン、ヘヴィなギターによって休むことなく繰り広げられるバトル。押し一辺倒ではない構成力も抜群。

Facebookコメント

在庫一覧

  • DALTON / RIFLESSIONI: IDEA D'INFINITO

    72年リリース、イタリアン・シンフォニック・ロックの隠れた名盤

    72年発表の1stアルバムである本作は、イタリアン・シンフォニック・ロックの隠れた名盤。オルガン、メロトロンをふんだんに配した荘厳な雰囲気とむせび泣くフルートによる緊張感とのバランスがたいへん素晴らしい。哀愁のメロディーと切々と歌い上げるヴォーカルもたいへん感動的。

  • GNIDROLOG / LADY LAKE

    72年作2nd、VDGGに通じるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

    Colin GoldringとStewart Goldringの兄弟によって結成され、フルートやサックスを取り入れたジャズ・ロックを基本にKING CRIMSON、VAN DER GRAAF GENERATORのような音楽性を放つイギリスのプログレッシブ・ロックグループの72年2nd。基本的な方向性は前作からの流れを汲んでおり、サックスやフルートが鳴り響くへヴィー・ロック的な作風ですが、より洗練されたアンサンブルと、カオティックな中にドラマ性と一筋のロマンティシュズムを感じることが出来る名盤となっており、やはり繊細な質感とダイナミックなサウンドのコントラストが映える作品と言えるでしょう。

  • GOLIATH / GOLIATH

    唾吐きフルートとアグレッシヴな女性Voによる英ロック、70年作

    70年リリースの唯一作。唾吐きフルートを中心に終始畳み掛けるアンサンブルと、紅一点LINDA ROTHWELLによる線は細いながらアグレッシヴなヴォーカルが印象的なブリティッシュ・ロック・グループ。スピーディーな楽曲でも、どこか気だるさが感じられところはいかにも70's英ロック。

  • JETHRO TULL / STAND UP

    イアン・アンダーソンが全権を握った1969年発表の第2作

    中心メンバーだったミック・エイブラハムズ(g)が脱退し、代わりにマーティン・バレが加入。本作よりイアン・アンダーソンが全権を掌握することになった1969年発表の第2作。全英チャート1位、メロディ・メイカー紙の人気投票2位を獲得する躍進を見せた。ヒット曲「ブーレ」収録。

    • TOCP65880

      紙ジャケット仕様、初回プレス盤、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、定価2800

      盤質: | 無傷or小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

      状態: | 良好 | 並 | 不良 |

      帯有

      帯中央部に色褪せあり

  • JUMBO / JUMBO

    ブルース色の濃い異色のイタリアン・ロック・バンド、72年作

    真っ向からブルースに取り組み、イタリアン・ロックのなかでも異色の存在として知られるアルヴァーロ・フェッラ率いるジャンボのデビュー作。次作にアレンジを変えて収録される「神は」の元曲をはじめ、のちにイタリアン・ロック・シーンの隆盛を支えるバンドの原石の煌きを垣間見る作品。72年作。

  • NU / CUENTOS DE AYER Y DE HOY

    ヴァイオリンやフルートをフィーチャーした「スペインのクリムゾン」とも云われるヘヴィ・プログレ・グループ、78年リリースの1st

    78年作の1stアルバム。荒れ狂うフルート、スリリングなヴァイオリン、重厚なメロトロン、圧倒的にヘヴィなギターが休むことなくバトルを繰り広げるアグレッシヴなプログレッシヴ・ロック。混沌とした中にヴァイオリン&フルートの叙情的なフレーズが立ち上がる瞬間など、押し一辺倒ではない構成力も抜群。スペイン・ロックを代表する傑作。オザンナ「パレポリ」が好みの方は必聴!

  • OSANNA / PALEPOLI

    伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

    CITTA FRONTALEを母体に、Danilo RusiciとElio D'annaを中心に結成され、呪術的なサウンドとほの暗い叙情でトップバンドへと登りつめたイタリアのへヴィー・プログレッシブ・ロックグループの73年3rd。彼らの最高傑作として名高い本作は、彼らの個性である呪術的な暗鬱とした音楽性、圧倒的なサイケデリアを描く音像、そして過剰なへヴィネスを内包したギター、サックスが先導するフリー・ジャズ路線のアプローチが高次元で融合したイタリアン・プログレッシブ・ロックを代表する名作であり、おどろおどろしいながらも神秘を感じさせる傑作です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!