プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

アメリカン・プログレ名作選

華やかなキーボード・サウンドと爽快なコーラス・ワーク、英プログレに対するアメリカからの回答

日本ではプログレ・ハードとも呼ばれ、英国以上に華やかなキーボード・サウンドと爽快なコーラス・ワーク、明朗快活なメロディが際立つ音楽性で人気を獲得しているアメリカン・プログレ。シーンとして定着したのは、KANSAS、JOURNEY、BOSTONなど英国プログレの影響を受けたグループが次々にデビューした1970年代半ば。彼らはGENTLE GIANTを髣髴とさせる変拍子を組み込んだ緻密な曲展開やコーラス・ワーク、YESやGENESISを彷彿とさせる叙情的なキーボード・サウンドなどを導入し、アメリカ本来のルーツ・ミュージックであるカントリーやブルースなどと自然な形で融合されることで、独自のサウンドを確立しました。

一方で英国プログレの叙情性をより純粋に追及したETHOSやPAVLOV'S DOGといったグループも存在。メロトロンやフルートを効果的に使用したドラマティックなサウンドは、英国への憧憬に満ち溢れています。

大国アメリカから数多く生まれたプログレッシヴな作品群の中から英プログレ名作にも負けない魅力を持った作品をご紹介いたしましょう。

KANSAS

試聴 Click!

アメリカン・プログレと言えば、まずはこれでしょう。ポップなメロディーと抜けの良いバンド・アンサンブル、分厚いコーラス、そしてシンフォニックなヴァイオリンやキーボードが一体となったドラマティックな大作。

PAVLOV'S DOG

試聴 Click!

ハマると抜け出せないDavid Surkampの個性的なハイトーン・ボーカルは是非お試しいただきたい。湿り気のあるメロトロンや、ヴァイオリン、フルートを加えたアンサンブルは、ブリテイッシュ・ロックを髣髴とさせるロマンティックな叙情に満ちた逸品。

ETHOS

試聴 Click!

75年デビュー作より。英国然とした湿り気と気品を持ったファンタジックなシンフォニック・ロック。メロトロンやチェンバリンを駆使した儚げなサウンドとアコースティック・ギターによるGENESISのような御伽噺の世界。

HAPPY THE MAN

試聴 Click!

後にCAMELへ参加することになるKit Watkinsを中心としたグループ、78年2ndより。CAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさと、GENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチが絶妙にブレンドされた独特の叙情が魅力。

YEZDA URFA

試聴 Click!

75年作より。クラシカル且つレトロなシンフォニック性を感じるキーボードと、やたらとせわしないドラム、管楽器を巧みに利用したアプローチ。最大瞬間風速のように過ぎる超絶技巧にはただただ驚愕の一言。

CATHEDRAL

試聴 Click!

78年作より。メロトロンの名盤として知られる作品。硬質なギターとベースはYES系の構築美、ドラムはKING CRIMSONの緊張感、キーボードはGENESISのファンタジックさ、と英国憧憬が滲み出たサウンドは魅力的。

HOLDING PATTERN

試聴 Click!

81年作より。Steve Hackettを髣髴とさせるメロディアスなギタープレイと、キーボードのふくよかさで聴かせるインストゥルメンタルによるシンフォニック・ロック。CAMELとGENESISを併せたような爽やかな叙情がじんわりと浸透します。

ZAZU

試聴 Click!

75年唯一作より。耳に残るキャッチーなメロディーと爽やかに重なるコーラスワークがとても印象的。華やかなキーボードとハードに攻めるギター、そして甘みを持ったメロディーはKANSASに引けを取らない魅力に溢れています。

BABYLON

試聴 Click!

77年唯一作。GENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的。

GLASS

試聴 Click!

73年〜75年にかけて録音された未発表作品より。クリムゾンやEL&Pの影響を感じるシンフォ・プログレ。(インストゥルメンタル)。洪水のように次々と鳴らされるメロトロンから溢れ出る叙情性には、ノック・アウト必至!

OCTOBER

試聴 Click!

79年作より。英シンフォ・プログレ、カンタベリー、ドイツ産シンセ・ミュージックなどからの影響が感じられるグループ。変拍子を多用しながらも静謐な感覚が一貫しており、HATFIELDを髣髴とさせます。英国プログレに通ずるリリシズムも印象的。

GUNS & BUTTER

試聴 Click!

この作品はヤバい、ヤバすぎます!ユダヤ人メンバーが居るボストンのグループ。ヴァイオリン、サックス、フルートをフィーチャーし、めくるめくしなやかに展開。無国籍プログレの大傑作!

MINGO LEWIS

試聴 Click!

イエス『リレイヤー』ってカッコ良いよね。そんなあなたに一押しなのが、これ。AL DI MEOLAやSANTANAの作品にも参加した名パーカッション奏者による76年作ソロ。突き抜ける疾走感!超ハイテンション・ジャズ・ロック!

FIREBALLETT

試聴 Click!

クリムゾンのイアン・マクドナルドのプロデュースでデビューした米シンフォの隠れた名盤。ジャケからして秘宝臭ぷんぷんですが、音もイエス&ジェネシス直系のファンタスティック・プログレでたまりません!

MAELSTROM

試聴 Click!

米プログレの隠れ名盤として知られる73年作。ダブルメロトロン、マリンバ、フルートなど多彩な管弦打楽器をフィーチャーしたGENTLE GIANTに近い音楽性を披露。繊細なヴォーカルや陰影に富んだくすみ感のあるアンサンブルからも、英プログレからの色濃い影響が感じ取れます。

Facebookコメント

在庫一覧

  • BABYLON / BABYLON

    アメリカのグループ、78年作、初期GENESISやENGLANDのファンは必聴!

    シアトリカルなステージングとそのサウンドでアメリカを代表するGENESISフォロワーと名高いグループの77年唯一作。キーボードアンサンブルを中心にファンタジックなアプローチでGENESISからの影響を露骨に表現しており、ダブル・キーボード編成でTony Banksを髣髴とさせるヴィンテージなサウンドを聴かせる一方で、本家GENESISにはないスペース・ロックのような広がりと浮遊感のあるアナログ・シンセサイザーが個性的です。Peter Gabrielを髣髴とさせるシアトリカルなボーカルももちろん在籍しており、アメリカのGENESISとの評価も納得の名作です。

  • CATHEDRAL / STAINED GLASS STORIES

    北米シンフォ・プログレの逸品、78年唯一作

    アメリカのシンフォニック・ロックグループの78年作。硬質な演奏を聴かせるギターとベースはYES系の構築美を持ち、ドラムはKING CRIMSONの緊張感とタイトな質感。キーボードはGENESISのファンタジックさを持ち、それらをブレンドすることで独自のテクニカル・ヘヴィー・シンフォニック・ロックへと落とし込んだ作品です。特にその楽曲からはYES、GENTLE GIANTのような構築的な雰囲気が感じられますが、アメリカのプログレッシブ・ロックバンドのような抜けの良さとは無縁であり、英国的な湿り気と叙情を持ったタイプ。また、メロトロンの名盤としても有名であり、GENESISを彷彿とさせるファンタジアを描きます。

  • FIREBALLETT / NIGHT ON BALD MOUNTAIN

    元クリムゾンのイアン・マクドナルドによるプロデュース!アメリカ、メロディアスなプログレ、75年作

    FIREBALL KIDSから発展、改名し、KING CRIMSONのIan McDonaldのプロデュースでデビューしたアメリカのシンフォニック・ロックグループの作品であり、アメリカ産プログレッシブ・ロックの隠れた名盤とうたわれてきた75年デビュー作。前半はYES、GENESISといった英国のプログレッシブ・ロックバンドからの影響を感じさせながらアメリカらしいコーラスワークを駆使して展開し、後半は20分に迫る、ムソルグスキーのクラシック曲「はげ山の一夜」のプログレ・アレンジでファンタジック且つ技巧的なサウンドを聴かせています。まさに知る人ぞ知る傑作。

  • GUNS & BUTTER / GUNS & BUTTER

    ユダヤ人メンバーがいるボストン出身のプログレ・グループ、72年作、無国籍プログレの逸品、傑作です!

    ボストン出身のプログレ・グループ、72年作。主要メンバーにユダヤ人が居て、ユダヤの伝統音楽のエッセンスを感じさせるのと、ヴァイオリン奏者、サックス&フルート奏者が居るのが特徴。音を聴いてびっくり。これは素晴らしいです。ジャズの素養を感じさせるシャープ&タイトなリズム隊が変拍子を自在に操りスピーディーにめくるめく展開。ヴァイオリン、サックス、フルートがフィーチャーされていて、時にユニゾン、時にそれぞれがリードを取り、ダイナミックかつしなやかなサウンドを繰り広げます。ちょっとクリス・スペディングを彷彿とさせるような音数少ないながらセンス抜群のギター、どこかジェスロ・タルのイアン・アンダーソンを彷彿とさせるヴォーカルも印象的。ユダヤの伝統音楽のエッセンスといっても土臭さや聴きづらさはなく、もの悲しく艶やかなトーンが全体を覆っています。アメリカ的な単純明快さはなし。無国籍プログレの傑作。素晴らしい!

  • HAPPY THE MAN / CRAFTY HANDS

    のちにキャメルに参加するkey奏者キット・ワトキンスが在籍した米テクニカル・シンフォ・グループ、78年作2nd

    CAMELへ参加することになるKit Watkinsが在籍したことでも知られている、非常にファンタジックなシンフォニック・プログレッシブ・ロックを聴かせるアメリカのグループの78年2nd。前作で顔を覗かせていたフュージョンテイストと、前作から少し落ち着きが出たものの依然としてGENTLE GIANTを髣髴とさせるようなテクニカルなアプローチは健在であり、そこにCAMELのようなシンフォニック・ロックのマイルドさを絶妙にブレンドすることに成功した傑作。スリリングでありながら独特の叙情を感じさせ、緩急を織り交ぜながら聴かせる名盤です。

  • KANSAS / LEFTOVERTURE

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの76年4th。その内容は、ポップで普遍的なメロディーと抜けの良いバンド・アンサンブル、QUEENのような分厚いコーラスワーク、そしてシンフォニックなヴァイオリンや華やかなキーボードが一体となり、その後のメインストリームである産業ロックへの流れを感じさせる明快な作風を打ち出した傑作です。

  • MINGO LEWIS / FLIGHT NEVER ENDING

    突き抜ける疾走感、超ハイテンション・ジャズ・ロック!76年作

    AL DI MEOLAやSANTANAの作品にも参加した名パーカッション奏者。76年のソロ作。終始スピーディー&ハイ・テンションな超絶ジャズ・ロック。全曲、MINGO LEWIS自身の作曲ですが、パーカッション奏者の楽曲とは思えないほどテーマのメロディが際立っており、たいへん明快でキャッチー。しっかりと構築された楽曲、硬質なタッチのテンション溢れるスリリングなギター、ゴリゴリと高速にランニングするベースなど、「RELAYER」あたりのYESも想わせます。突き抜ける疾走感。テクニカルなジャズ/フュージョン・ロックのファンは必聴の名作。

  • PAVLOV'S DOG / PAMPERED MENIAL

    ゲディ・リーを彷彿させるハイトーンVoと吹きすさぶメロトロンが印象的な米プログレ・バンド、75年デビュー作

    David SurkampとRick Stocktonを中心に結成されたアメリカのプログレッシブ・ロックグループの75年デビュー作。その内容はDavid Surkampの非常に個性的なハイトーン・ボーカルで聴かせるハード・ロック的な音楽性を基本にしたもの。ヴァイオリン、フルートといったアクセントも巧みに取り入れたサウンドを聴かせていますが、なんと言っても湿り気のあるメロトロンが使われていることがこのグループの音楽性をプログレッシブ・ロックへと接近させており、アメリカよりはブリティッシュ・ロック的な味わいを感じさせる作風となっています。

  • YEZDA URFA / BORIS

    アメリカ出身、YESの構築美とGENTLE GIANTの偏屈精神を併せ持つ高水準なテクニカル・シンフォニック・ロック、75年の名作

    YESの構築美とGENTLE GIANTの偏屈精神で同郷MIRTHRANDIRと同系統のサウンドを持ち、非常に高水準なテクニカル・シンフォニック・ロックを奏でるアメリカの技巧派グループによる75年作。変拍子というよりは1曲を通してキメだらけといった雰囲気の息もつかせぬほどの技巧を見せており、クラシカル且つレトロなシンフォニック性を感じるキーボードと、やたらとせわしないドラム、管楽器を巧みに利用したアプローチが耳に残ります。長尺曲を多く含むものの、最大瞬間風速のように過ぎる超絶技巧にはただただ驚くほかありません。本作の楽曲をベースに、次作「Sacred Baboon」が製作されます。

  • ZAZU / ZAZU

    アメリカのプログレ・ハード・グループ、フックに富んだメロディと洗練されたアンサンブルを併せ持つ、圧倒的な完成度を誇る75年唯一作!

    アメリカのプログレッシブ・ハード・ロックグループの、STYXと同じWooden Nickelレーベルからリリースされた75年唯一作。いわゆる抜けの良いアメリカン・プログレの王道的サウンドを得意としており、耳に残るキャッチーなメロディーと爽やかに重なるコーラスワークがとても印象的な傑作です。また、インスト・セクションにおけるプログレッシブ・ロック然とした構築的でテクニカルなサウンドも素晴らしく、華やかなキーボードとハードに攻めるギター、そして甘みを持ったメロディーはKANSASやBOSTONといった大御所に引けを取らない魅力に溢れています。まさに隠れた名盤です。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!