プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

原盤は高いぞ!?レア・フォーク最果ての地。プライヴェート・プレス&マイナー・レーベル作品集!

COMPLEX

試聴 Click!

ブリティッシュならではの、陰影のあるメロディーとクラシカルなオルガン・ワークが素晴らしい、コンプレックスの71年発表の名作2nd。マイナー調のメロディーが印象的な1曲目「Every Time I Hear That Song」からアクセル全開。英フォーク幻の逸品。

FOREVER AMBER

試聴 Click!

69年発表の激レア盤!ハープシコード、エレピ、オルガンが哀愁のコードを刻み、流れるようなメロディーと泣きのハーモニーがサイケ・ポップ好きを唸らせるレイト60sの隠れた名盤。ギミックはあまり使わず、メロディーとハーモニーで勝負した力作。

ITHACA

試聴 Click!

唐突な落雷の跡、まるで未確認飛行物体が墜落したかのような不穏なSEで始まりを告げる、72年に発表された激レア英国フォーク。空間的な広がりが感じられる魅惑的でドリーミーなサウンドと穏やかに淡々と歌われる屈折具合は、輝度の高いCOMUS!?

FOLKAL POINT

試聴 Click!

英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作。女性ヴォーカル、アコースティック・ギター3人の4人編成で曲によってベースが入ります。女性ヴォーカルが素晴らしく、瑞々しさに溢れた歌声は女性フォーク・ファンなら漏れなく虜になる魅力を保持。

OBERON

試聴 Click!

ただならぬ雰囲気を持ったブリティッシュ・フォークの逸品、71年作 !プライヴェート・プレスでリリースされたブリティッシュ・フォークの激レア盤。神秘的な女性ヴォーカル、美しいフルート、格調高くリリカルなアコースティック・ギターに呪術的な音場。

ISOLATION

試聴 Click!

73年に自主制作されたメガ・レア・英フォーク作品。アコギ、フルート、ピアノをベースに、霧の向こうから聴こえてくるような深いエコーに包まれたアンサンブルが印象的なまどろみフォーク。甘い歌声の男性ヴォーカル、メロウなメロディーも魅力的な好盤!

WYCHFOLK

試聴 Click!

75年にDEROYレーベルよりリリースされた唯一作で、オリジナルは、現存するのは1枚のみと言われる超激レア盤。アコギとマンドリンによる心和むアルペジオ、木訥とした男性ヴォーカル&ハーモニーを軸に、素っ頓狂なリコーダーなどでアシッド臭もまぶしたサウンドはいかにもレア・フォークの味わい。

RED TELEVISION

試聴 Click!

74年にプライヴェート・プレスで数枚出回っただけのメガ・レア盤。アコギ2本によるバッキング、虚ろなヴォーカル&メロディ、というスタイルのアシッド・フォーク。ギター・アルペジオ、メロディともに歌心があって、うたた寝のように気持ち良くなれる秀作。

WOODEN HORSE

試聴 Click!

馬ジャケからして秘宝臭ぷんぷんですが、オリジナルは10万を超えるプレミア盤!CS&NやS&GやPP&Mから影響を受けつつ、英国ならではの翳りある牧歌性がにじむ佳曲ぞろいの英フォーク逸品ですね。

JUST OTHERS

試聴 Click!

ルーラルでメランコリックなアコギが眩しい、HERONを思い起こさせる英フォーク・デュオ、大傑作74年作。発表当時、わずか250枚だけを自主制作したとされる今作は、数多あるプライベート・フォーク作品の中でもとりわけ質の高い内容です。

ALEANNA

試聴 Click!

原盤は僅か100枚プレス!男性2人女性3人編成による、珠玉のアイリッシュ・トラッド・グループ。フィドル、コンサーティーナ(正八角形の小型手風琴)、ギターを上手に弾きこなす三人娘の歌声が初々しい一枚。インスト曲も最高。

FERRIS WHEEL

試聴 Click!

74年にプライヴェート・プレスでリリースされた激レア盤。ヘロヘロのエレキ・ギター、「心ここに在らず」な男性ヴォーカル、ゆらゆらと不安定なコーラスにはアシッド臭とともに英国フォークならではの神秘性がたっぷり。

MARIE CELESTE

試聴 Click!

初めて聴いた時は、メロウ・キャンドルにかなり影響受けてるな、なんて思いましたが、発表年を見てびっくり。彼らより早いじゃないですか!フィーメール2人とメール1人による幻想的なコーラス・ワークと魅惑的なメロディーは、いわゆる英国フォーク3美神なんかと比べても引けをとりませんよ〜。

BACK ALLEY CHOIR

試聴 Click!

72年にYORKよりリリースされた唯一作で、原盤は500枚限定プレスの激レア盤。ミスティックでかげりのあるフィメール・ヴォーカルとジェントルな男性ヴォーカルが魅力。英トラッドを基本に、米ロックのアーシーさや洗練が加わった、英フォーク・ファンにも米SSWファンにもオススメな逸品です。

BLACKTHORN

試聴 Click!

77年に自主制作された唯一作。原盤は激レア。トラッド・フォーク、非トラッドのポップなフォークとも、アットホームな心温まる雰囲気がこのグループの魅力。女性ヴォーカルをメインに男性ヴォーカルがハーモニーを付けるスタイルで、枯れた哀愁たっぷり。

MICHAEL RAVEN & JOAN MILLS / DEATH AND THE LADY

試聴 Click!

英トラッドを軸にスパニッシュ・ギターも香る卓越したアコースティック・ギター・テクニックを持つMichael Ravenと清楚な美声のフィメール・ヴォーカルJohn Millsのデュオ。72年にわずか250枚のみプレスされた1stで、ブリティッシュ・フォーク・ファンから垂涎のレア盤。トラッドに根ざしながら重さはなく、流麗なギターとMillsのスッと心に届く歌声が魅力の軽やかでいて気品に満ちた佳曲ぞろいです。

MICHAEL RAVEN & JOAN MILLS / HYMN TO CHE GUEVARA

試聴 Click!

同じくMICHAEL RAVEN & JOAN MILLS のこちらは74年2nd。透き通ったJOANのボーカルに、立ち尽くしてしまいます!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ALEANNA / ALEANNA

    原盤は僅か100枚プレス!男性2人女性3人編成による、珠玉のアイリッシュ・トラッド・グループ、78年作

    原盤は僅か100枚プレス!男性2人女性3人編成による、珠玉のアイリッシュ・トラッド・グループ、78年作がこちら。ジャケットに映る学校のキャンパス風景のような写真はさにあらず。この一見、中高生のような?うら若い青年/少女達こそが、アイリッシュ・トラッド・グループALEANNAの正体。フィドル、コンサーティーナ(正八角形の小型手風琴)、ギターを上手に弾きこなす三人娘の歌声が初々しい一枚。聴きドコロは歌声だけでなく、随所に挟まれるインスト・チューンでの各アコースティック楽器の織り成すアンサンブルの妙。コンサーティーナと女性ヴォーカルにかかる、笛とマンドリンの音色も美しく、FOLKAL POINT等の英プライヴェート・フォーク・ファンを唸らせる、アイリッシュ・トラッド・アンサンブルが満載です。

  • BACK ALLEY CHOIR / BACK ALLEY CHOIR

    こ、これは、英フォーク幻の名盤!72年にYORKから500枚のみで限定プレス・リリースされた唯一作!

    男女ヴォーカルの英フォーク・グループ。72年にYORKよりリリースされた唯一作で、原盤は500枚限定プレスの激レア盤。ミスティックでかげりのあるフィメール・ヴォーカルとジェントルな男性ヴォーカルが魅力。フェアポート・コンヴェンション「ミート・オン・ザ・レッジ」やザ・バンド「アイ・シャル・ビー・リリースド」のカバーなど、アーシーさと気品が絶妙にバランスしたフォーク・ロックから、ピアノや管弦楽が流麗に彩るSSW的な曲まで、メロディ、アレンジともハイ・レベル。これほどの作品がなぜ500枚限定だったのか不思議です。英トラッドを基本に、米ロックのアーシーさや洗練が加わった、英フォーク・ファンにも米SSWファンにもオススメな逸品。

  • BLACKTHORN / BLACKTHORN

    アットホームな雰囲気に心温まる英フォーク、77年作

    77年に自主制作された唯一作。原盤は激レア。トラッド・フォーク、非トラッドのポップなフォークとも、アットホームな心温まる雰囲気がこのグループの魅力。女性ヴォーカルをメインに男性ヴォーカルがハーモニーを付けるスタイルで、男女ヴォーカルとも素直な声&歌唱でたいへん心温まります。アコギとマンドリンによる「枯れた哀愁」いっぱいの演奏もまた心に染み入ります。好盤。

  • COMPLEX / THE WAY WE FEEL

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

    ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルなオルガン・ワークが素晴らしい、コンプレックスの71年発表の名作2nd。マイナー調のメロディーが印象的な1曲目「Every Time I Hear That Song」からアクセル全開。美しいメロディーとユニゾンでからみあうオルガンがドラマティックで、次から次へと流麗なメロディーでたたみかけます。切々と歌い上げるヴォーカルが素晴らしい「Am I」もまた名曲。6曲目「Moving Moor」は、一転して重厚かつ荘厳なオルガンが教会音楽を思わせるクラシカルなインスト。彼らの高い音楽的素養が感じられます。アルバム最後を飾る9曲目「If You Are My Love」は、ヘヴィーなギターとブルージーなオルガンによる重たいイントロから、テクニカルでスピード感溢れるパートへと一気に加速する展開が見事。

    • WHCD009WOODEN HILL

      ボーナス・トラック2曲

      レーベル管理上、ジャケット等の品質がかなり良くありません(ツメ跡、ホチキス錆、カビ汚れなど)。これまで長い期間に何度か入荷していますが、すべて同じ状況のため、ご了承ください。

  • FERRIS WHEEL / SUPERNATURAL GIRL

    74年にプライヴェート・プレスでリリースされた英アシッド・フォークの激レア盤

    74年にプライヴェート・プレスでリリースされた激レア盤。アシッド臭いっぱいなヘロヘロのエレキ・ギター、「心ここに在らず」な男性ヴォーカル、ゆらゆらと不安定なコーラス!レーベル紹介文には、ITHACA、RED TELEVISION、OBERONに近いサウンドと書いてありますが、その通り。英国フォークの深い森の更に向こう側に佇む幻の作品。

  • FOLKAL POINT / FOLKAL POINT

    英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作、瑞々しい女性ヴォーカルが魅力的!

    英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作。女性ヴォーカル、アコースティック・ギター3人の4人編成で曲によってベースが入ります。女性ヴォーカルが素晴らしく、瑞々しさに溢れた歌声は女性フォーク・ファンなら漏れなく虜になる魅力を持っています。Bob Dylan、Joni Michell、Simon & Garfunkel、Joan Baez等、アメリカ人アーティストの楽曲を多くカヴァーしており、アコースティック・ギターによる素朴で繊細なアンサンブルは、フォーク・ロック寄りの溌剌としたもの。初期FAIRPORT CONVENTIONをより素朴にしたような、ほのぼのとした魅力がたまりません。英フォーク・ファンには是非おすすめしたい一枚。

  • ISOLATION / ISOLATION

    甘美なメロディが印象的な英フォーク、73年作

    73年に自主制作されたメガ・レア・英フォーク作品。アコギ、フルート、ピアノをベースに、霧の向こうから聴こえてくるような深いエコーに包まれたアンサンブルが印象的なまどろみフォーク。甘い歌声の男性ヴォーカル、メロウなメロディーも魅力的。好盤です。

  • ITHACA / A GAME FOR ALL WHO KNOW

    72年作、ドリーミーな英アシッド・フォーク名作!

    自主制作で72年に発表された激レア英国フォーク・アルバム。空間的な広がりが感じられる魅惑的でドリーミーなサウンドと穏やかに淡々と歌われるフィーメール・ヴォイスは、実にうたたねのような心地良さで、聴けば聴くほどヘロヘロになります。穏やかな中にも気怠さの残る昼下がりのようなサウンドがたまりません。名作。

  • JUST OTHERS / AMALGAM

    数ある英フォークのプライヴェート・プレス名作の中でも屈指といえる完成度、74年発表の秘宝盤!

    幻の英フォーク・デュオ、250枚のみ自主制作された74年作。原盤は激レア。森の奥の神秘的な湖。その湖面のゆらめきのように静かに爪弾かれるアコギ。透明感のある歌声のメール・ヴォーカル2人による天上のハーモニー。童謡のような無垢さに、サイケ・フォーク的なミスティックさが加わったようなメロディも絶品。これは数ある英フォークのプライヴェート・プレス逸品の中でも屈指といえる完成度。英フォークの深い森の奥の奥で見つけた光射す緑の楽園。そんな空気が聴き手の心をふるわす傑作。

  • MARIE CELESTE / AND THEN PERHAPS

    71年にライヴ会場を中心に50枚限定で配られたという正真正銘の激レア作品、ずばり英国フォーク3美神に引けを取らない逸材!

    初めて聴いた時は、メロウ・キャンドルにかなり影響受けてるな、なんて思いましたが、発表年を見てびっくり。彼らより早いじゃないですか。こんな音源がおそらく友達に配られただけで埋もれていたなんて、空恐ろしい。フィーメール2人とメール1人による幻想的なコーラス・ワークと魅惑的なメロディーは、いわゆる英国フォーク3美神なんかと比べても引けをとりません。絶品です!

  • MICHAEL RAVEN & JOAN MILLS / DEATH AND THE LADY

    男性ギタリストと女性シンガーの英フォーク・デュオ、原盤は激レアの72年作1st

    英トラッドを軸にスパニッシュ・ギターも香る卓越したアコースティック・ギター・テクニックを持つMichael Ravenと清楚な美声のフィメール・ヴォーカルJohn Millsのデュオ。72年にわずか250枚のみプレスされた1stで、ブリティッシュ・フォーク・ファンから垂涎のレア盤。トラッドに根ざしながら重さはなく、流麗なギターとMillsのスッと心に届く歌声が魅力の軽やかでいて気品に満ちた佳曲ぞろいです。

  • MICHAEL RAVEN & JOAN MILLS / HYMN TO CHE GUEVARA

    男性ギタリストと女性シンガーの英フォーク・デュオ、原盤は激レアの74年作2nd

    英トラッドを軸にスパニッシュ・ギターも香る卓越したアコースティック・ギター・テクニックを持つMichael Ravenと清楚な美声のフィメール・ヴォーカルJohn Millsのデュオ。72年の前作に続き、わずか100枚のみプレスされた74年作2ndで、ブリティッシュ・フォーク・ファンから垂涎のレア盤。ルックスからは想像できない(失礼!)流麗なギターとMillsのスッと心に届く歌声が魅力の軽やかでいて気品に満ちた佳曲ぞろい。ペンタングルやメロウ・キャンドルのファンは間違いなく楽しめる逸品です。

  • OBERON / A MIDSUMMER'S NIGHT DREAM

    ただならぬ雰囲気を持ったブリティッシュ・フォークの逸品、71年作

    オックスフォード出身、女性ヴォーカルやらフィドル奏者やらフルート奏者やらを擁する7人組フォーク・バンド。わずか150枚のみ自主制作された71年唯一作で、オリジナルは最も高価なフォーク作品とも言われる激レア盤。メンバー写真を見ると、大学のサークルみたいな爽やかさで、フェアポート・コンヴェンションを初々しくしたようなルックスですが、音の方は秘宝臭がぷんぷん。音数の少なさの中にトラッドの重みのあるアコギの爪弾き、神秘的すぎるフルートやフィドル、そして、透明感あるハイ・トーンが美しすぎる女性ヴォーカル。それにしても、爽やかなルックスとギャップがありすぎ!アシッド臭ぷんぷんのフォークから、突如、ドラムが走りだして、ギターはジャジーなインプロを垂れ流しては、フィドルが伸びやかなリードを奏でたり、一筋縄ではいかない展開も聴きどころ。ただならぬ雰囲気はプライヴェート・プレスとは到底思えません。これはまさしく秘宝!

  • WOODEN HORSE / II

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・グループ、73年作2nd、ジャケから漂う秘宝臭の通りの英フォーク・ロック逸品

    女性ヴォーカルを含む英フォーク・ロック・グループ。YORKレーベルより73年にリリースされた2nd。プロデュースは、元ストローブスのトニー・フーパー。1stでの美しい男女3声ハーモニーはそのままに、ドラムが入ってより伸びやかに、そして、時折キーボードやフィドルも鳴らされることで爽やかさの中に英国的な陰影もあるフォーク・ロックを聴かせています。CS&NやS&GやPP&Mから影響を受けつつ、英国ならではの翳りある牧歌性がにじむ佳曲ぞろい。「このジャケからしてただならぬ音が聴こえてくるはず」というフォーク・ファンの期待に見事に応える逸品です。

  • WYCHFOLK / CIRCLE GAME

    75年にDEROYレーベルよりリリースされた英フォークの激レア盤!

    5人組の英フォーク・グループ、75年にDEROYレーベルよりリリースされた唯一作。オリジナルは、現存するのは1枚のみと言われる超激レア盤。アコギとマンドリンによる心和むアルペジオ、木訥とした男性ヴォーカル&ハーモニー。ちょっぴり音程が不安定なヴォーカルや素っ頓狂なリコーダーなど、アシッド臭もあり。OBERONなどプライヴェート・プレスの英フォークのファンは必聴ですね。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!