プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

VERTIGOファンにオススメ!英ロックに通ずる叙情性を持つ米ハード名作選

70年代、英国ハード・ロックの影響を受けて誕生した米国ハード・ロック・シーン。パワフルなブルース・ロック・グループが多く誕生し、活躍する一方で、くすんだトーンのハモンド・オルガン、荘厳なメロトロン、泣きのファズ・ギター、幻想的なフルートなど英国直系の陰影あるメロディを奏でるグループも良質な作品を残していました。憂いを含み、ディープでアンダーグラウンド感溢れる作風はVertigoレーベルに通じるものがあります。

今回は英国ロック、中でもVertigoファンへ向けて「暗くブリティッシュナイズされた米ハード」のアイテムをカケレコが厳選。「こんな所に新しいアンダーグラウンド・シーンが!」、なんて感じていただければ幸いです。是非お楽しみください。

WINTERHAWK

試聴 Click!

まるでNWOBHM × ボストン・・・。これでもかと泣きのフレーズで畳みかけ、トドメの哀愁ツイン・ギター。凄すぎます。

TRUTH & JANEY

試聴 Click!

それにしても凄い音圧!超重量級のリズム隊、強烈に歪んだファズ・ギター、エネルギッシュなシャウト・ヴォーカルが一体となって終始ヘヴィにエキセントリックに畳みかける米ハード名作!

FELT

試聴 Click!

71年唯一作より。深刻なハモンド&深いエコーのかかった激情ヴォーカルが印象的な組曲調の長尺ヘヴィ・サイケ。粗削りながら、パープル/ツェッペリンが融合してサイケに接近したようなクラシカルでドライヴ感溢れる英国的名曲です!

PLUM NELLY

試聴 Click!

71年作より。ソウルフルなヴォーカル、スリリングなフレージングのギター、幻想的なフルート、タイトなリズム隊によるアンサンブルは、強力。ハードなパートとアコースティックなパートとを織り交ぜたスケールの大きな構成が見事。

HOMER

試聴 Click!

テキサス出身71年作。カントリー・タッチのサイケ・ハードのバックに、メロトロンが溢れ出す様式美サイケ・ハード。哀愁ほとばしるスティール・ギター、叙情溢れるメロディ、憂いを帯びたヴォーカル、心揺さぶるハーモニーが印象的。

SIR LORD BALTIMORE

試聴 Click!

サバスやツェッペリンに負けない轟音とエッジはそのままに幽玄さや叙情も加わって、あわわ、こりゃハード・ロック・クラシックだわ〜。

HYDRA

試聴 Click!

カプリコーン・レーベルではめずらしいブリティッシュ・スタイルの陰影ある逸品。ポール・ロジャーズを彷彿とさせるスモーキー&ソウルフルなヴォーカルが良いんです!

SHOTGUN LTD

試聴 Click!

デレク&ザ・ドミノスなどで活躍するLAが誇る名ドラマー、ジム・ゴードンがプロデュースした米オルガン・ハード!知名度は低いながらもオルガン・ハードとしてクオリティの高い一枚。

AFTER ALL

試聴 Click!

「アメリカのCRESSIDA」とも称されるフロリダのグループ。69年作。ジャズロック調の気品ある鍵盤使いとプログレッシヴな曲展開、シリアスな雰囲気を湛えた英国的音像はVERIGOファンも垂涎の代物。悪趣味なキーフみたいなジャケは狙いすぎ?

MEDIUM

試聴 Click!

カナダの5人組バンド。サイケ〜プログレの過渡期に生まれた69年唯一作。オルガンを軸にしたDOORSらUSアートロック勢からの影響を土台に、英国叙情/哀愁とシリアスなエッセンス、そして拭いようの無いいなたさとアングラ臭が滲む愛すべき連中。

DUST

試聴 Click!

アコースティックなイントロから、鋭角なギター・リフが切れ込む瞬間のカッコ良さときたら!強烈な哀愁を放つメロディも悶絶。これを聴いてニンマリしないハード・ロック・ファンは居ないはず! 元祖NWOBHM!

MICAH

試聴 Click!

米国にこれほどまでにVERTIGO勢に匹敵するグループが居たとは。ロバート・ワイアットがドラムで、マイク・パトゥがヴォーカル&ギターで、キース・エマーソンがオルガンで、ジャック・ブルースがベースだなんて言ったら褒め過ぎだけど、でも、悶絶のカッコ良さ!

Facebookコメント

在庫一覧

  • AFTER ALL / AFTER ALL

    陰影に富んだハモンド、シリアスな雰囲気を湛えたUSサイケ・プログレ、69年作

    フロリダ出身のサイケ・プログレ・バンドが69年に発表した唯一作。「アメリカのCRESSIDA」とも称されるようにジャズ・ロック調の気品あるオルガン/キーボード・ワークと、プログレ調のめまぐるしい展開とシリアスな雰囲気を湛えたサウンドが特徴。メロディアスなオルガンを軸に展開されるドラマティックな楽曲群はかなりの完成度。若干シアトリカルなヴォーカル、ファズ・ギターの引きずるようなリードも堪りません!米国産ながら、70年代英国のオルガン・ロック好きにも是非聴いていただきたい一枚。この気味の悪いジャケットにピンと反応してしまった方も、その感性を裏切らない雰囲気を内包した一枚です。

  • DUST / DUST and HARD ATTACK

    アメリカン・ハードの名グループ

    米ハードの名グループ。71年作の1st『DUST』と72年作の2nd『HARD ATTACK』をカップリングした2in1CD。スピーディーにアグレッシヴに畳みかけるリズムをバックに、ザクザクとエッジの立ったリフでギターが切れ込み、ハイ・トーンのシャウトが炸裂!ツェッペリンを彷彿とさせるブルージーなアコースティック・ナンバーもカッコ良いです。ストレートな1stに比べ、2ndはスピーディーな部分と陰影のある部分とでメリハリが付いて圧倒的にダイナミック!WINTERHAWKばりの泣きのメロディも飛び出し悶絶もの。ハード・ロックのファンは必聴の名作。

  • FELT / FELT

    ジャケットのインパクトに匹敵する強烈サイケ・ハード!原盤は600ドル超えの激レア盤

    米アラバマ産5人組サイケ・ハード・バンドの71年唯一作。原盤は600ドルオーバーの超レア盤としても有名。夢に出てきそうな薄気味の悪いジャケットにまず釘付けになりますが、サウンドの方も“奇妙”と言うのとはまた別物ながら独特の湿った空気感を孕んでいます。ブルース/ジャズを基調とした武骨なサイケ・ハードにプログレ/ジャズ・ロックのエッセンスをまぶしたといった印象。ギターのStan Leeはブルージーな激渋ソロから西海岸フィーリングのジャムまで見事な表現力です。特筆すべきは、深刻なハモンド&深いエコーのかかった激情ヴォーカルが印象的な組曲調の長尺ヘヴィ・サイケ「The Change」。粗削りながら、パープル/ツェッペリンが融合してサイケに接近したようなクラシカルでドライヴ感溢れる英国的名曲です!

  • HOMER / GROWN IN U.S.A.

    70年作、強烈にメロディアスなテキサス出身サイケ・ハード、メロトロンあり!

    テキサス出身のサイケ・ハード・グループ。哀愁ほとばしるカントリー・タッチのスティール・ギター、ドラマティックと言えるほどに叙情溢れるメロディ、憂いを帯びたヴォーカル、心揺さぶるハーモニーが印象的。そして、このグループの一番の特徴は、なんとメロトロン!カントリー・タッチのサイケ・ハードのバックに、メロトロンが溢れ出します。カントリー・タッチのギターに絡むメロトロンは、聴いた記憶がありません。しっかし、メロディも歌い回しもアンサンブルも、この泣きっぷりはすごいです。カントリー・タッチの様式美サイケ・ハード?強烈にメロディアスです。1曲目「Circles In The North」なんてドラマティック過ぎて涙出ます。LP。

  • HYDRA / LAND OF MONEY

    カプリコーン・レーベルからの75年作2nd、英国スタイルのハード・ロック逸品!

    オールマン・ブラザーズでお馴染みのカプリコーン・レーベルより75年にリリースされた2nd。サザン・ロックの名作が多いカプリコーン・レーベルの中では珍しいブリティッシュ・ロック的なサウンドが聴き所。ヌケの良いギター・トーンの中から滲み出る叙情性。ポール・ロジャーズを彷彿とさせるスモーキー&ソウルフルなヴォーカル。バッド・カンパニーあたりのサウンドが好みの方は是非!アメリカンなスピード感やキレ味とブリティッシュ・ロックの陰影との豊かな融合。これはカッコ良いです!

  • MEDIUM / MEDIUM

    プログレ黎明期にカナダで産み落とされた隠れた名作、69年唯一作

    カナダはモントリオール出身の5人組バンドが69年に残した唯一作にして、サイケデリックとプログレッシブの時代の狭間に生まれた隠れた名作。オルガンを軸にしたDOORSらUSアート・ロック勢からの影響を感じさせるサウンドは、いかにも陸続きのカナダといったところですが、このバンドの出色は確かな英国叙情/哀愁とシリアスなエッセンス、そしてジャケ写からもビシバシと伝わってくる拭いようのない「いなたさ」と「アングラ臭」を包含しているところ。冒頭M1「NEW THING」、中央で疾走する手数の多いジャズ・フィーリングのドラム、左チャンネルから時にシリアスに時に奇妙な旋律を奏でるオルガン、右チャンネルから痙攣するが如くいななくファズ・ギター、畳み掛けるアンサンブル、ジャジーかつプログレッシブなアレンジ、そしてキメのパートを挟んで転調し5拍子パートに突入!書いているとキリがないのでこのあたりで止めますが、AFTER ALLに通じる、あるいは「粗野なCRESSIDA」とでも呼びたい、愛すべきUSオルガンロックの名曲です。プログレ黎明期に北米で産み落とされた、まさに隠れ名盤と呼びたい一枚。

  • MICAH / I'M ONLY ONE MAN

    CREAMとCRESSIDAが混ざったような熱気むんむん&エモーション溢れる米オルガン・ハード逸品、70年作

    アメリカの5人組オルガン・ロック・グループ、70年唯一作。手数多くシャープなドラム、よく動くドライヴ感いっぱいのベースによるスリリングかつヘヴィなリズム隊を土台に、CRESSIDAやBEGGAR'S OPERAなどVertigo勢ばりにオルガンが炸裂し、ジャジーなトーンのギターがメロディアスなリードを放つ。ドラムがブレイクして、オルガンがキース・エマーソンばりに畳み掛けるキメのパートも悶絶もののカッコ良さ。熱くシャウトするソウルフルなヴォーカルと陰影あるメロディも印象的。それにしても、圧巻のスピード感と音圧。CREAM、初期SOFT MACHINE、EL&P、Vertigoのオルガン・ロックやジャジーなハード・ロック(PATTO)あたりが好きなら、間違いなく痺れてしまうでしょう。米オルガン・ロック/サイケ・ハードの逸品!

  • PLUM NELLY / DECEPTIVE LINES

    71年リリース、ブリティッシュ・ロックの香り漂う米ハード・ロック、完成度高いです!おすすめ!

    アメリカ出身、ブリティッシュ・ロックの香り漂うハード・ロック・グループ。71年作の唯一作。マイナーなグループですが、JIMI HENDRIXやFACESやKINKSやSAVOY BROWNなどのオープニング・アクトを務めるなど、なかなか活躍したグループのようです。それもそのはず、かなりの完成度太いシャウトが素晴らしいソウルフルなヴォーカル、エモーショナルかつスリリングなフレーズからジャズのエッセンスを滲ませた浮遊感漂うフレーズまでセンス溢れるギター、幻想的なフルート、タメの効いたタイトなリズム隊によるアンサンブルは、本格派の香りぷんぷん。8分程度の大曲を持ち味としていて、ハードなパートとアコースティックなパートとを織り交ぜながら、後半に向けてふつふつと盛り上がっていく、なんともスケールの大きな構成が見事。ハード・ロックのファンは必聴の好グループおすすめです。

  • SHOTGUN LTD / SHOTGUN LTD

    米オルガン・ハード71年作、メロウな曲で強調される埃っぽくも哀愁漂うメロディはDEREK & THE DOMINOSを彷彿とさせる素晴らしさ

    アメリカ、カリフォルニア州出身。17歳から21歳までの若いメンバー5人で結成されたハード・ロック・グループ、71年発表の唯一作。プロデューサーとしてDEREK & THE DOMINOSのドラマーJIM GORDONが参加しており、2曲でキーボード、サックスも演奏しています。太く力強い音色のギター、オルガンを中心とした骨太なアンサンブルを基調に、叙情的なピアノによるジャズ・テイスト、粘っこいベース、黒人女性コーラスによるスワンプ・テイストなどを取り入れており、洗練されたサウンドが特徴。オルガンをバックに野太くもメロディアスな旋律を奏でるギターがかっこいいです。メロウな曲で強調される埃っぽくも哀愁漂うメロディはプロデューサーが在籍していたDEREK & THE DOMINOSにも共通するものを感じます。知名度は低いながらもオルガン・ハードとしてクオリティの高い一枚。

  • SIR LORD BALTIMORE / SIR LORD BALTIMORE

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、71年作2nd

    ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・バンド。71年作の2nd。デビュー作はトリオ編成でしたが、ギタリストが加わり、ツイン・リード編成の4人組で録音されています。荒々しくかっ飛ばす轟音ハード・ロックのデビュー作から一転、アコギによる幽幻なパートやハードさの中に叙情性を感じさせるスローなパートを織り交ぜるなど、ドラマ性を増した重厚なハード・ロックが印象的。凄まじいテンションで鋭角に切れ込むリード・ギターやツェッペリンにも負けないような轟音リズム隊など「元祖ヘヴィ・メタル」と言えるヘヴィネスも健在で、デビュー作に負けず劣らずのハード・ロック・クラシックと言えるでしょう。名作です。

  • TRUTH & JANEY / ERUPTS !

    圧倒的な音圧でなぎ倒すアメリカのハード・ロック・トリオ、76年に録音されたライヴ・アルバム、全13曲

    アメリカのハード・ロック・トリオ。76年に録音されたライヴ・アルバム。それにしても凄い音圧!超重量級のリズム隊、強烈に歪んだファズ・ギター、エネルギッシュなシャウト・ヴォーカル。アメリカのグループによくある哀愁のフォーク・ロック風味はまるで無く、終始ヘヴィにエキセントリックに畳みかけます。熱気溢れるヘヴィ・ロックの名作。

  • WINTERHAWK / REVIVAL

    号泣間違いなしの哀愁溢れ出る必殺ハード・ロック、81年作

    アメリカのハード・ロック・バンド、82年の唯一作。キレ味&哀愁ともに強烈なギターを中心に、これでもかと叙情溢れるメロディと、「泣き」のエッセンスを最高潮まで高めるエモーショナルなハイ・トーン・ヴォーカルが聴き手を揺さぶり続ける必殺ハード・ロック。それにしても全編を貫く歌心には涙するしかありません。9分を超える名曲「Free to Live」で号泣してください。これでもかと泣きのフレーズで畳みかけてきて、さらにトドメの哀愁ツイン・ギター。凄すぎます。NWOBHMとボストンを掛け合わせたような、泣きのハード・ロック・ファン必聴の傑作!

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!