プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

LED ZEPPELINへの挑戦状。炸裂するアメリカン・ハード名作選

デカイ音で鳴らせ!LED ZEPPELINショックによって生み出されたブルージーな骨太アメリカン・ハード

ハード・ロックという音楽を生み出したパイオニアLED ZEPPELINの影響は当然、アメリカにも及びました。破天荒なドラム、シンプルで印象的、且つヘヴィなギターリフ、グルーヴィなベース、これらのエッセンスを豪快なアメリカ人が放っておくはずがありません。鋭く重いリフを刻むファズ・ギター、歪ませた音色をグルーヴィに奏でるオルガン、パワフルにシャウトするヴォーカル、ブルースをベースとした骨太で力強いハード・ロック・サウンドを生み出しました。

こちらでは60年代末期から70年代初頭に掛けてアメリカン・ハード・ロック黎明期に生まれたヘヴィ・グルーヴな名作群をピックアップ。迫力の音圧をご体験あれ。

TIN HOUSE

試聴 Click!

71年の唯一作。ブルースが根っこにあるアグレッシヴかつエモーショナルなギター、ブルージーにシャウトするヴォーカル、力強く疾走するドラムが印象的。哀愁溢れるメロディにも胸が熱くなります。

BOOMERANG

試聴 Click!

71年作、元Vanilla FudgeのKey奏者Mark Steinを中心に結成されたグループ。凄まじいまでの音圧と各パートの狂気のような演奏は圧巻の一言。リズム&リードともに雄弁なギタリストは、録音時なんと15歳。恐るべき才能。

SIR LORD BALTIMORE

試聴 Click!

72年作の1stより。重厚なリズム、鋭角なファズ・ギター、野太くシャウトするエキセントリックなヴォーカル。70年代初期とは思えないヘヴィ過ぎるサウンドは圧巻。

BULL ANGUS

試聴 Click!

71年作より。ツイン・ギターをフィーチャーしたグループ。鋭角に切り刻むスリリングなギター、ハイ・スピード&アグレッシヴな暴走ドラム、ハイ・トーンのシャウトを炸裂させるヴォーカル。とにかくもの凄いテンションです。

BADGE & COMPANY

試聴 Click!

オクラホマ出身、77年作より。前のめりに突っ込むリズム隊、バキバキに歪んだスリリングに畳みかけるギターによるアンサンブルは、エネルギッシュで切れ味抜群。トリオですが、ギターが2本録音されていて、そのアグレッシヴな絡みはかなりの格好良さ。

ATTILA

試聴 Click!

70年作より。あのBilly Joelが結成したデュオ。強烈に歪ませた爆音オルガンがけたたましく鳴り響き、その後のジェントルな歌声からは想像できないヘヴィ・シャウト・ヴォーカルが炸裂。相方Jon Smallのタイト&ソリッドなドラムも特筆もの。

GRANICUS

試聴 Click!

73年作より。エモーショナルなハイトーン・ヴォーカル、ブルージーかつメロディアスなギター、タイトなリズム隊によるソリッドなアンサンブルは見事。哀愁溢れるアコースティック・パートを巧みに配置したスケールの大きな展開も聴き所。

WARREN S. RICHARDSON JR.

試聴 Click!

69年作。CREAMからの影響が感じられるブルース・ハード・ロック。でも、こっちの方がCREAMよりもずっと鋭角でヘヴィ。ソロ作ながら、アンサンブルもソリッドで、スピード感いっぱいのリズム隊もグッド!

BROTHER FOX & THE TAR BABY

試聴 Click!

69年。エモーショナルな歌声からパワフルなシャウトまで圧巻の表現力を持つヴォーカル。ブルージーかつソリッドなハード・ロックをベースに、スワンピーな土臭さやファンクのグルーヴ感など、アメリカン・ロックの旨味が加えられたサウンド。

BANG

試聴 Click!

71年作1stより。聴いた瞬間に頭にこびりつく強烈なギター・リフを主体とするスリリングなハード・ロック。ザクザクとしながらもコシのあるギターサウンドはかなり格好良いです。絞り出すような粘りのあるハイ・トーンVoも存在感あります。

ODA

試聴 Click!

70年作、ツイン・ギター編成の4人組。リフ&リードともにスピード感いっぱいのギター、手数多く前のめりなリズム隊、ハイ・トーンのシャウト・ヴォーカルが一体となり、アグレッシヴに疾走するハード・ロック。

STEPSON

試聴 Click!

74年作より。リフ&ソロともに鋭角なフレーズで畳みかけるギターを中心に、エネルギッシュにシャウトする存在感抜群のヴォーカル、ヘヴィ&アグレッシヴなリズム隊が一体となった、熱気ムンムンのスリリングなハード・ロック!

MUTZIE

試聴 Click!

粘っこいアンサンブルが特徴のデトロイト産ブルースハード。70年作。英ハード影響下、というか曲によってはもろツェッペリン!適度なファズギター&哀愁滲むオルガン、特筆は荒削りながらもロバート・プラントばりのハイトーンをかますブルースVo!

CROW

試聴 Click!

69年1stより。BLACK SABBATHのデビュー曲「Evil Woman」のオリジナル・ヴァージョンがこれ!濃厚なシャウト、ギンギンのファズギター&オルガンを軸に、要所でド派手なホーンが唸りを上げる、男臭溢れるブルース・ハード!

PRODIGAL SONS

試聴 Click!

抜群のタメと疾走感とのダイナミズムが聴き手を一気に飲み込むエネルギッシュな名曲。

THUNDERMUG

試聴 Click!

カナダのハード・ロック・グループ、72年のデビュー作!ライナーには、ツェッペリン、サバス、GRAND FUNKに影響を受けたハード・ロックを軸に、BEATLESやKINKSに通じるポップ感がある、と書いてありますが、まさにその通りの疾走感!

JUKIN\' BONE

試聴 Click!

引きずるようにヘヴィ&タイトなリズム隊、エネルギッシュなリフを刻むギター、そして太いハイ・トーンが魅力のシャウト・ヴォーカル!LED ZEPPELINやHUMBLE PIEを彷彿とさせるブルージー&アグレッシヴなハード・ロックピアノもたまらない!

CHELSEA

試聴 Click!

KISSのオリジナル・ドラマーPeter Crissが在籍した、ニューヨークの不良グループどもによる悪ガキハード・ロック、70年作!NYの不良グループという割に、フォーキーかつメロディアスなメロウ・ハード・ロックを展開しているから、驚き!

CACTUS

試聴 Click!

ハードロックにおけるリズムセクションの基礎を築いたとも言われる、ボガート&アピスの強力リズム隊を擁した米ハード・バンド、70年デビュー作のオープニングを飾るナンバー。この文字通り重戦車級のなぎ倒すようなハード・ロック・チューンに、当時のハードロックファンは震撼したでしょうね。

Facebookコメント

在庫一覧

  • ATTILA / ATTILA

    あのBilly Joelのグループとは思えない、エキセントリックな米ハード・ロック、70年作

    あのBilly Joelが幼なじみと結成したデュオ。70年作。メロディアスなサウンドをイメージしていたら、Zeppelinばりのハード・エッジなサウンドでびっくり強烈に歪ませた爆音オルガンがけたたましく鳴り響き、その後のジェントルな歌声からは想像できないヘヴィ・シャウト・ヴォーカルが炸裂ワウをかけたオルガン・ソロは、まるでギターのような凶暴さ。R&Bが根っこにあるグルーヴ感のある楽曲でも、オルガンは歪みっぱなし。ものすごい音圧です。相方Jon Smallのタイト&ソリッドなドラムも特筆もの。エネルギッシュなハード・ロックのファンは聴いて損はありません。エキセントリックな米ハード・ロックの逸品。

  • BADGE & COMPANY / BADGE AND COMPANY

    オクラホマ出身ブルース・ハード・トリオ、切れのあるギタープレイが素晴らしい77年唯一作!

    オクラホマ出身のブルース・ハード・トリオ。オリジナルは激レアとして知られる77年の唯一作。前のめりに突っ込むリズム隊、バキバキに歪んだスリリングに畳みかけるギターによるアンサンブルは、圧倒的なスピードとエネルギーアンサンブルの切れ味はかなりキてます。トリオですが、ギターが2本録音されていて、そのアグレッシヴな絡みはかなりの格好良さ。ギターは本当に気持ちよさそうです。

  • BANG / BANG and MUSIC

    強烈なギター・リフ主体のスリリングなアメリカン・ハード・ロック!71年1st&73年3rd

    アメリカのグループ。71年作1stと73年作3rdをカップリングした2in1CD。聴いた瞬間に頭にこびりつく強烈なギター・リフを主体とするスリリングなハード・ロック。ザクザクとしながらもコシのあるギターサウンドはかなり格好良いです。絞り出すような粘りのあるハイ・トーンVoも存在感あります。哀愁のあるキャッチーなメロディも素晴らしい。リリカルなバラードも胸を打ちます。これは良いです

  • BOOMERANG / BOOMERANG

    ヴァニラ・ファッジの元メンバーが結成した米ハード・ロック・グループ、71年作

    元Vanilla FudgeのKey奏者、Mark Steinを中心に結成された米ハード・ロック・グループ。71年作。バンド全体が塊となって突き進むソリッドなハード・ロック、黄昏色の哀愁溢れるバラードとも素晴らしい出来映え。ハードな楽曲で聴かせる、凄まじいまでの音圧と各パートの狂気のような演奏は圧巻の一言。リズム&リードともに雄弁なギタリストは、録音時なんと15歳。恐るべき才能。米ハードの名作。

  • BROTHER FOX & THE TAR BABY / BROTHER FOX AND THE TAR BABY

    スケールの大きな、迫力と奥行きのある米ハード・ロック、おすすめ!

    アメリカのハード・ロック・グループ。69年の唯一作。メジャーなグループではありませんが、この完成度はすごいです。まずヴォーカルに圧倒されます。エモーショナルな歌声からパワフルなシャウトまで圧巻の表現力。演奏、アレンジ・センスも素晴らしく、Led Zepplin直系のブルージーかつソリッドなハード・ロックをベースに、スワンピーな土臭さやファンクのグルーヴ感など、アメリカン・ロックの旨味が加えられたサウンドはスケール大きいです。ストリングスをフィーチャーしたゴージャズな楽曲も魅力的。タメを効かせるパート、スピーディーに畳みかけるパートともに、バンドの息もぴったり。音圧があってクリアなサウンド・プロダクションも秀逸。アメリカン・ハードの奥深さを伝える隠れた名作。おすすめです!

  • BULL ANGUS / BULL ANGUS

    とにかくハイ・テンションに切り刻むツインギター編成の米ハード・ロック、71年作!

    ツイン・ギターをフィーチャーしたニューヨークの米ハード・ロック・バンド、71年のデビュー作。鋭角に切り刻むスリリングなギター、ハイ・スピード&アグレッシヴな暴走ドラム、ハイ・トーンのシャウトを炸裂させるヴォーカル。とにかくもの凄いテンション。巧みなコーラス・ワークを聴かせるサイケデリックな楽曲でも、全体的にアンサンブルは前のめりで性急。どんな楽曲でも変わらずに牙をむく凶暴性が持ち味。

  • CROW / CROW MUSIC

    BLACK SABBATH「Evil Woman」の本家本元として知られる米5人組ブルース・ロック・バンド、69年作

    BLACK SABBATHのデビュー曲「Evil Woman」の本家本元で知られる、ミネソタ出身のバイカー・ロック5人組。69年1st。濃厚なシャウト、ギンギンのファズギター&オルガンを軸に、要所要所でド派手なホーンが唸りを上げる、男臭溢れるブルース・ハード・ロック!サバスに影響を与えたと思われし暗黒なコーラスやSE、切ないアルペジオと悲劇的なチャーチ調オルガンが不安を煽るダウナー酩酊曲M3など、ブリティッシュ・ハード・ファンにも聴いて欲しい展開もあります。バイカーロックということでSTEPPENWOLFはもちろん、マイナーどころではBETTYなどの男臭いブルース・サイケが好きな方にも大推薦!チャック・ベリーに捧げた楽曲も収録です。

  • GRANICUS / GRANICUS

    ツェッペリン・タイプの米ハード・ロック・グループ、73年作

    アメリカのグループ。73年作。エモーショナルにシャウトするハイトーン・ヴォーカル、太くてコシのあるブルージーかつメロディアスなギター、タイトかつ躍動的なリズム隊によるアメリカン・ハード・ロック。安定したテクニックをベースにしたソリッドなアンサンブルはかなりの完成度。曲も良く練られており、哀愁溢れるアコースティックなパートを巧みに配置したスケールの大きな展開も聴き所。良いグループです。名作。

  • JUKIN' BONE / WHISKEY WOMAN

    アメリカのハード・ロック・バンド、72年のデビュー作、ブルージー&アグレッシヴなな快作

    アメリカのハード・ロック・バンド、72年のデビュー作。引きずるようにヘヴィ&タイトなリズム隊、エネルギッシュなリフを刻むギター、そして太いハイ・トーンが魅力のシャウト・ヴォーカル!LED ZEPPELINやHUMBLE PIEを彷彿とさせるブルージー&アグレッシヴなハード・ロック。メロディアスなピアノがたまらないアーシーなバラードも魅力的でグッときます。ハード・ロック・ファンは聴いて損はない好作品。

  • ODA / ODA

    70年リリース、スピーディー&アグレッシヴな米ハード・ロック、元祖HR/HM!

    カリフォルニアのハード・ロック・グループ、ツイン・ギター編成の4人組。70年のデビュー作。リフ&リードともにスピード感いっぱいのギター、手数多く前のめりなリズム隊、ハイ・トーンのシャウト・ヴォーカルが一体となり、アグレッシヴに疾走するハード・ロック。LED ZEPPELINのスピード感のみを抽出したようなスピーディー&アグレッシヴ&切れ味抜群のアンサンブルは元祖HR/HM!

  • PRODIGAL SONS / PRODIGAL SONS

    豪快なアメリカン・ハード・ロック、72年作、タメと疾走感とのダイナミズムが抜群!

    アメリカン・ハード・グループ、72年作。バカスカと手数多いリズム隊、豪快なリズム・ギター、タメの効いた歌心いっぱいのリード・ギター。荒々しいヴォーカルと男臭いハーモニーも印象的。1曲目『Water Song』は抜群のタメと疾走感とのダイナミズムが聴き手を一気に飲み込むエネルギッシュな名曲。

  • STEPSON / STEPSON

    アメリカ最初のプログレ・バンドと云われるTOUCHのメンバーが結成したグループ、74年作、エネルギッシュ&スリリングな米ハード・ロック

    アメリカ出身、TOUCHのメンバーを中心に結成したグループ。74年作。リフ&ソロともに鋭角なフレーズで畳みかけるギターを中心に、エネルギッシュにシャウトする存在感抜群のヴォーカル、ヘヴィ&アグレッシヴなリズム隊が一体となった、熱気ムンムンのスリリングなハード・ロック。ギターの音が素晴らしく、高音寄りのヌケの良い歪みは最高の気持ち良さ。

  • THUNDERMUG / STRIKES

    キレ味抜群のハード・エッジな演奏とフックに飛んだメロディにグッとくるカナディアン・ハード、72年作

    カナダのハード・ロック・グループ、72年のデビュー作。ライナーには、LED ZEPPELIN、BLACK SABBATH、GRAND FUNKに影響を受けたハード・ロックを軸に、BEATLESやKINKSに通じるポップ感がある、と書いてありますが、まさにその通り!疾走するアグレッシヴなリズム隊、シャープに切れ込むキレ味抜群のギター、ちょっとハスキーな歌声がカッコ良いヴォーカルとフックに飛んだメロディとキャッチーなコーラス。ストレートでポップなハード・ロックが好きな方は間違いなくグッとくるでしょう。憂いのあるメロディは英国ファンにもたまらないはずです。後にRUSHのプロデューサーとして活躍するTerry Brownがエンジニアとして参加していて、パキっとヌケがよくスピーディーなサウンドも印象的。素晴らしい!

  • TIN HOUSE / TIN HOUSE

    71年リリース、疾走感の中にも哀愁を忍ばせたブルース・ハードの名作

    アメリカのハード・ロック・トリオ。リック・デリンジャーのプロデュースによる71年の唯一作。ブルースが根っこにあるアグレッシヴかつエモーショナルなギター、ブルージーにシャウトするヴォーカル、力強く疾走するドラムが印象的。哀愁溢れるメロディにも胸が熱くなります。ギタリストのフロイド・ラドフォードは後にジョニー・ウィンターのバンドで2ndギタリストとして活躍します。疾走感の中にも哀愁を忍ばせたブルース・ハードの名作。

  • WARREN S. RICHARDSON JR. / WARREN S. RICHARDSON JR.

    鋭角でヘヴィな米ブルース・ハード、69年作

    アメリカ出身、Vo兼GuitarのWarren S. Richardson Jr.による69年作。CREAMからの影響が感じられるブルース・ハード・ロック。でも、こっちの方がCREAMよりもずっと鋭角でヘヴィ。ソロ作ながら、アンサンブルもソリッドで、スピード感いっぱいのリズム隊もグッド!このアルバム、格好良いです。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!