プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

WE ARE DIGGING THE BEATLES

PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT

910941(PICAP) 【2010年発売CD】

スリップケース付仕様。

評価:50 1件のレビュー

これは痺れました!スペイン・ジャズ・ロックの重鎮たちが72年に産み落とした全曲ビートルズのカバー・アルバム。イージーリスニングな感じは微塵もなく強烈な躍動感とキラメキ!カケレコが自信を持ってオススメします!!

後にスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作

後にBARCELONA TRACTION〜MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと70年代初期のスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンを代表するグループMAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。72年作の全曲ビートルズ・カバー・アルバム。もう、このレビュー書きながら、興奮しています!2曲目の「Strawberry Fields Forever」で泣きそうです。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。このキラメキが伝わるでしょうか。カケレコが自信を持ってオススメする大傑作!ビートルズ・ファンもサイケ・ポップ・ファンもニッチ・ポップ・ファンもジャズ・ロック・ファンもカンタベリー・ファンも全員必聴!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LIGHT YEAR / REVEAL THE FANTASTIC の商品詳細へ

LIGHT YEAR/REVEAL THE FANTASTIC

米ジャズ・ロック、74年作、女性ヴォーカル、マリンバをフィーチャーしたカンタベリー・タッチのサウンドが特徴

2290円(+税)

PABLO EL ENTERRADOR / PABLO EL ENTERRADOR の商品詳細へ

PABLO EL ENTERRADOR/PABLO EL ENTERRADOR

アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

2190円(+税)

ICEBERG / SENTIMENTS の商品詳細へ

ICEBERG/SENTIMENTS

スペイン・ジャズ・ロックの最高峰!77年作3rd

2390円(+税)

OSMOSIS / OSMOSIS の商品詳細へ

OSMOSIS/OSMOSIS

ゴングばりのスペーシーさ、ソフト・マシーンばりの知性、マグマばりの強靭さをもつ、なんとアメリカのジャズ・ロック作、70年のずばり傑作

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

世界の「サージェント・ペパーズ」フォロワー特集〜ユーロ産サイケ・ポップ・セレクション

まとめて試聴する

  • FLOOR 『1ST FLOOR』

    こ、これほどまでのキャッチー&マジカルなサイケ・ポップ・グループがデンマークに居たとは!驚愕の67年作!

  • TAGES 『STUDIO』

    北欧の『サージェント・ペパーズ』と云われる、スウェディッシュ・サイケ・ポップの傑作、67年作

  • BRAVE NEW WORLD 『OH ! CALCUTTA !』

    ジャーマン・サイケの印象を覆す、上質なサイケ・ポップ作、70年発表

  • UNDERGROUND SET 『UNDERGROUND SET』

    ファズ・ギターとオルガンをフィーチャーしたすこぶるキャッチーなサイケ・ポップ!イタリアもあなどれません!

  • LOS BRINCOS 『CONTRABANDO』

    スペインのビートルズと異名を取るグループがアビーロード・スタジオなどで録音した68年作、もう最高すぎ!

  • DREAM 『GET DREAMY』

    あのテリエ・リピダルが参加していたノルウェー産サイケ・ポップ/アート・ロック、同年代の英米名作に引けを取らない67年の唯一作

スペインはバルセロナで起こったジャズ・ロック・ムーヴメント〜Musica Laietana ライエターナ・ミュージック特集

まとめて試聴する

  • ICEBERG 『COSES NOSTRES』

    ずばりスパニッシュ・ジャズ・ロックの最高峰!76年リリースの2nd

  • OM 『OM』

    Toti SolerとJordi Sabates率いるフリー・ジャズ/ジャズ・ロック・グループ、71年作、ずばり痺れます!

  • BARCELONA TRACTION 『BARCELONA TRACTION』

    バルセロナ出身、エレピが優美なメロディを奏でるジャズ・ロック/クロスオーバーの逸品

  • SECTA SONICA 『ASTROFERIA』

    スペイン産ジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ77年作、3本のギターがヌケの良いサウンドで爽快に突き抜ける快作

  • ESQUEIXADA SNIFF 『EN CONCERT and OCELLS』

    表面はラテン色でオシャレだけど、演奏はテクニカルで硬質!センス抜群のスパニッシュ・カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?

  • ORQUESTRA MIRASOL 『SALSA CATALANA』

    エレクトリック・マイルスや初期リターン・トゥ・フォーエヴァーに対するスペインからの回答!

  • BLAY TRITONO 『CLOT 20』

    76年唯一作、カンタベリー/レコメン系のファンは必聴!スパニッシュ・ジャズ・ロックの名作!

  • MUSICA URBANA 『MUSICA URBANA』

    現代のスペインを代表する音楽家Joan Albert Amargosが結成したチェンバー・ロック・グループ、76年の名作1st

  • MAQUINA! 『WHY ?』

    スペインはバルセロナ出身、70年作1st、スパニッシュ・プログレ黎明期屈指の傑作

  • JORDI SABATES 『OCELLS DEL MES ENLLA』

    スパニッシュ・ジャズ・ロックの名グループOMのピアニスト、バンド編成でRTFにも負けない芳醇なジャズ・ロックを聴かせる75年の傑作

  • COMPANYIA ELECTRICA DHARMA 『L'ANGEL DE LA DANSA』

    スペインはバルセロナの名グループ、78年作、ジャズ/フュージョンと地中海民族音楽フレイヴァーとがブレンドしたサウンドは北欧サムラにも比肩する完成度!

  • TOTI SOLER (JORDI SOLER) 『DESDESIG』

    スパニッシュ・ジャズ・ロックの名グループOMのギタリストでありスペインを代表するギタリスト、77年作4thソロ

  • LA RONDALLA DE LA COSTA 『RECORDS DE VALENCIA』

    スペインはバルセロナ出身、民族楽器やフラメンコ・ギターにより紡がれるたおやかな地中海フォルクローレ・ロック逸品

カケレコ的ビートルズカバー名曲選☆

まとめて試聴する

  • PROCOL HARUM 『PROCOL'S NINTH』

    ビートルズ「エイト・デイズ・ア・ウィーク」の秀逸なカヴァーを含む後期の代表作、75年リリース

  • BOXER 『BLOODLETTING』

    Mike Patto&Ollie Halsallの強力タッグ再び!ひねくれブリティッシュ・ハードの名バンド、76年録音/79年リリース作

  • STEVE HILLAGE 『L』

    トッド・ラングレンのプロデュースによる76年2nd、本領発揮のコスミック・ロック名盤!ハマりすぎな「It's All Too Much」のカバー収録

  • OS SAMBEATLES 『OS SAMBEATLES』

    ブラジル、ジャズ・ボッサの名手によるビートルズ・カヴァー作、66年発表の逸品

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ひさびさに、3回連続聴いてしまいました(嬉)。(3 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

『面白い○○』はGENESIS でハマっております。BEATLES も「ジャズ物」「ストリングスな」「シンセ」「ピアノ・ソロ」「オルゴール」と色々聴いてみましたがほとんどカスばかり(怒)。みんな自己満で終わってるか、お涙ちょうだい・はやりモノばかり!結婚式BGMとかヒーリングばっかじゃねーか!
ところが本作品はちが〜うっ!まあメンツがすごいので「もしかしたら」とは思っていたんですがね。それにジャケにザッパのLP写ってるからタダモノではないな...と。カケレコ・レヴューもかなり熱いし(笑)。特筆すべき点は演奏が「ルーズ」なところ。これこそまさにジャズ・ロック!それでいてビシッと締めるところはぬかりなし。肩に力が入ってないし、さびのメロの冗長な繰り返しもない。
うちの娘さんも「ストロヴェリ・フィールズはオリジナルよりイイ」と言っております(ちょっと言い過ぎだ!)。最近ではCHEAP TRICKの「サージェント・ペパーズ・ライヴ」も面白かったんですが、インスト・BEATLESでは最高位じゃないかな。

JohnとGeorgeもこれ聴きゃニンマリするだろね。

ナイスレビューですね!