プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

COMING ON AGAIN

TUCKY BUZZARD

GEM46(FLAWED GEMS

ボーナス・トラック1曲。

評価:50 3件のレビュー

ジャケからして雰囲気抜群ですが、音もスケール大きいです。R&Bを出発点にオルガン・ハードへと終着したバンドの魅力がつまった名作ですね。

英国出身72作、オーケストラも導入したスケールの大きなオルガン・ハード・ロック

THE ENDから発展し、FUZZY DUCKへと繋がる英国出身ハード・ロック・グループ。1st、2ndの後、スペインのみでリリースされた72年作。6部構成14分に及ぶ組曲が聴き所。ハードなギター・リフと歪んだオルガンをバックに、絞り出すようなシャウト・ヴォーカルが炸裂するイントロから熱気ムンムン。エコーに包まれたコーラスとプリミティヴなパーカッションによる幻想的なパート、クラシック・ギターが爪弾く端正なパートを挟み、オーケストラがフィーチャーされ雄大なクライマックス・パートへと登りつめていく構成は見事。終始タイトに引き締ったリズム隊もポイントです。ダークな英オルガン・ロックを土台に、牧歌性や幻想性など英国ロックの魅力もあって、聴き応え充分。スケールの大きな快作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SAMUEL PRODY / SAMUEL PRODY の商品詳細へ

SAMUEL PRODY/SAMUEL PRODY

イギリスのグループ、ドイツのみで72年にリリースされた唯一作、エネルギッシュかつ荘厳な逸品

2790円(+税)

OBIYMY DOSCHU / ELEHIA の商品詳細へ

OBIYMY DOSCHU/ELEHIA

ウクライナの恐るべき新鋭、09年デビュー作、狂おしいばかりに美しく荘厳なシンフォ名作

2190円(+税)

CHICK CHURCHILL / YOU AND ME の商品詳細へ

CHICK CHURCHILL/YOU AND ME

TEN YEARS AFTERのキーボード奏者、73年発表のソロ唯一作、英ロック界のいぶし銀オールスター参加の極上英ロック/ニッチ・ポップ作!

2290円(+税)

BOB SEGER SYSTEM / RAMBLIN' GAMBLIN' MAN の商品詳細へ

BOB SEGER SYSTEM/RAMBLIN' GAMBLIN' MAN

68年作、米サイケの名作

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

CRESSIDAやAFFINITYだけでは飽き足りない? 英オルガン・ロックのディープ作品集

まとめて試聴する

これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻の英ロック作品集

まとめて試聴する

  • DARK 『ROUND THE EDGES』

    風格すら漂う英アンダーグラウンド・シーン屈指の好グループ、72年作、ブリティッシュ・ロックの名作

  • GRANNIE 『GRANNIE』

    叙情的なフルートが印象的な哀愁溢れるブリティッシュ・ロック

  • DEAR MR.TIME 『GRANDFATHER』

    70年作、英国的な叙情性と起伏に富んだプログレッシヴなアンサンブルが素晴らしい名作

  • SINDELFINGEN 『ODGIPIG』

    自主制作とは思えない驚異の完成度、英プログレの逸品、73年作

  • BECKETT 『BECKETT』

    荘厳でドラマティックなブリティッシュ・プログレの名作、74年作

  • AUDIENCE 『AUDIENCE』

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、69年のデビュー作

  • POLIPHONY 『POLIPHONY』

    トントン・マクートやランニング・マンに通ずる73年の自主制作盤、フルートやエレピがたゆたう英国叙情に溢れたジャズ・ロック秘宝

  • COMPLEX 『THE WAY WE FEEL』

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ヘビーロックが交響楽と融合。ボーカルもギターも魅力的。(7 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

英国B級ヘビーロックとして、それなりの知名度を得ているタッキー・バザード。実はファースト作以前に制作されていたものの、スペイン国内でのみリリースされた希少作です。その内容たるや、度肝を抜かれるオーケストラ導入で、ヘビーロックとクラシックが融合している、とんでもなく印象的な作品なのです。

組曲 Coming On Again は14分にわたる大曲で、ブルーズ・ハードの重いフレーズから始まり、ピアノ協奏曲、アコースティック・ギターを強調した協奏曲、そしてまた冒頭の重量級ロックに戻ってきます。イタリアやドイツのヘビー・グループでこうした例はありますが、英国では例があるのでしょうか。コーラスがまた美しくてキャパビリティ・ブラウンのようです。感心するのは録音のよさ。特にスネア、タムの録音は素晴らしいです。ピアノ、オルガンを演奏するニッキー・グレアムの彩りも忘れてはいけません。

どうしてスペイン録音になったか。それは公式デビュー以前にスペインのポピュラー歌手のバックバンドを引き受けていたから。オーケストラはマドリード・フィルハーモニック。こうした作品が見つかるので英国アングラ探求はやめられません。

ナイスレビューですね!

評価:5 本当にあった都市伝説(3 拍手)

ぶっこみハム太郎さん レビューをすべて見る

昔からこれだけが凄いとは言われていたものの誰も見たことがないという作品。ドラムが同じという理由でハモンドのドライブ感が命の藤井ダックと並列に語るのは横着とは思うがメンバーがミゲルリオスのUNIDOS等でバックをやってた関係でまがりなりにも自分とこの看板タレントのバック務めさせたのだからちゃんとしたものを作って貰わないと困るというイスパボックスの思惑で導入されたストリングスが功を奏した雄大で大袈裟なシンフォニックです。ボーナスはPOLOS OPUESTOS名義のシングルでオルガンバリバリのスパイアクション風インスト。

ナイスレビューですね!

評価:5 このバンドの最高傑作!正に埋もれた名盤!!(1 拍手)

けんたろうさん レビューをすべて見る

サイケデリックバンドThe Endの後身、そして中途半端なビート色、R&R色濃いハードロックバンドと思っており、あまり真剣に聴いたことがないバンドでした。名オルガンハードロックバンドFUZZY DUCKは好みであったので思い切って購入しました。結果は大成功、プログレ色濃いオルガンハードロックの傑作でした。スペインの管弦楽を導入した14分以上の大作組曲、FUZZY DUCKに近い爽やかな泣きのオルガンハードロック4曲、そしてシングルB面曲のインスト1曲、全てが最高の旋律と演奏です。これだけ出来るならば、他の中途半端なアルバムは何であったのかとさえ感じます。スペインのみで発売された理由が全くわからない名作です。

ナイスレビューですね!