プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

LOVER'S END

MOON SAFARI

BRCD003(BLOMLJUD

評価:48 16件のレビュー

レビュー長すぎだよね? いや、でも、すげぇ、感動しちゃって、これでも途中で止めたんだ・・・。メロディの神が降臨した10年に1枚と言えるレベルの北欧シンフォ大傑作!

これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

スウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ、2010年作3rd。もう1曲目のイントロから必殺!コロコロとしたトーンの愛すべきリリカルなピアノではじまり、ハーモニカがそっと叙情を添えるイントロ。こんなファンタスティックで郷愁を誘うサウンドってそうそうありません。そして、透明感と親しみやすさに溢れたヴォーカルがハートウォーミングなメロディを伸び伸びと歌う。キーボードが柔らかく広がり、哀愁のオルガンが入り、そしてドラムがビートを刻み出すと、もうこのグループから溢れる叙情が聴き手の全身を幸せいっぱいに満たします。左から右からと聴き手を包み込むコーラス・ワークも見事!2曲目も躍動感いっぱいのイントロからもう素晴らしすぎます!心躍るリズムをバックに、ヌケの良いトーンのギターがどこまでも上っていくように美しいメロディを奏で、キーボードとコーラス・ワークが空間をパーっと広げる。フックのあるメロディがまたなんという素晴らしさ!3曲目も賛美歌のようなイントロからグッときてしまいますし、このまま行くとレビューがとんでもない長さになりそうです。1st、2ndも傑作&カケレコのベストセラーでしたが、本作もそれを上回る極上のメロディとアンサンブルに溢れた大傑作!凄い作品です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MOON SAFARI / A DOORWAY TO SUMMER の商品詳細へ

MOON SAFARI/A DOORWAY TO SUMMER

05年リリースの1stアルバム、これでもかと叙情性溢れるファンタスティックでメロディアスな北欧シンフォ、これは名作!

2190円(+税)

MOON SAFARI / HIMLABACKEN VOL.1 の商品詳細へ

MOON SAFARI/HIMLABACKEN VOL.1

まさか前作『LOVER'S END』を超える作品を作るとは・・・ソングライティング、バンド・アンサンブルの両方で「覚醒」した2013年の大傑作

2290円(+税)

NO NAMES / NO NAMES の商品詳細へ

NO NAMES/NO NAMES

SHESHETと並ぶイスラエルを代表するプログレ・グループ、ワールドワイドで見ても傑作と言える75年の逸品

2390円(+税)

YESTERDAYS / HOLDFENYKERT の商品詳細へ

YESTERDAYS/HOLDFENYKERT

ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

シンフォ豊作!2010年リリースの新鋭プログレ名作選

まとめて試聴する

  • IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE 『IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE』

    MUSEO ROSENBACHのヴォーカルStefano Galifiがヴォーカルを務める70年代プログレのテイスト濃厚なヘヴィ・シンフォ、2010年デビュー作

  • FUGATO ORCHESTRA 『NOE (NOAH)』

    ハンガリー、管弦楽器が鮮やかに舞う壮大なシンフォニック・ロック!2010年作

  • LA MASCHERA DI CERA 『PETALI DI FUOCO』

    イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

  • ANIMA MUNDI 『WAY』

    キューバの新鋭、2010年作、ファンタスティックかつダイナミックなシンフォニック・ロックの傑作

  • GROUP 309 『DREAMS OF SEA』

    ロシアの新鋭シンフォ・グループ、2010年デビュー作、特筆すべきメロディ・センスを持った大注目バンド!

  • CARPTREE 『NYMF』

    スウェーデン、ドラマティック&シアトリカルな新鋭シンフォ・グループ、圧倒的にドラマティックな2010年作!

  • CHRIS 『MAKING SENSE』

    オランダの天才マルチ・ミュージシャンによる2010年作2nd、ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球!

  • KARFAGEN 『SOLITARY SANDPIPER JOURNEY』

    ウクライナ産シンフォ、どこか温かい雰囲気を感じさせるファンタスティックで優美な逸品、2010年作

  • PLATURNO 『INSANO』

    『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿させるチリ産プログレ、2010年作

00年代の北欧スウェーデン産プログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • INTROITUS 『ANIMA』

    スウェーデン出身、父・母・息子・娘のBender一家4人を中心とするシンフォニック・ロック新鋭、2014年作3rd、澄み切った女性ヴォーカルが美しい北欧らしい逸品

  • FREDDE GREDDE 『BRIGHTER SKIES』

    こ、このアーティストは、ずばり、ほのぼのハートフルな奇才!あのムーン・サファリにたった一人で対抗できる愛すべきマルチ・ミュージシャン!14年作

  • SIMON SAYS 『TARDIGRADE』

    スウェーデン出身、GENESISからの影響が色濃いシンフォニック・ロック・グループ、これでもかと続くドラマティックな展開、シンフォ・ファン必聴の08年傑作!

  • A SECRET RIVER 『COLOURS OF SOLITUDE』

    「ピンク・フロイドのメランコリーと音響感覚 meets ジェネシスの幻想美」といった感じのスウェーデンの新鋭、2014年デビュー作

  • BROTHER APE 『FORCE MAJEURE』

    スウェーデン新鋭13年作6th、ポスト・ロック的先鋭さを持つリズムと透明感いっぱいの北欧シンフォサウンドを組み合わせた傑作!

  • CARPTREE 『NYMF』

    スウェーデン、ドラマティック&シアトリカルな新鋭シンフォ・グループ、圧倒的にドラマティックな2010年作!

北欧ファンタスティック・プログレ。透明感と幻想性に包まれた柔らかく優美な作品たち。

まとめて試聴する

  • KAIPA 『KAIPA』

    ロイネ・ストルト在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、北欧ならではの澄みわたるシンフォニック・サウンドが素晴らしい75年1st

  • KAIPA 『INGET NYTT UNDER SOLEN』

    ROINE STOLT在籍、北欧を代表するシンフォ・グループ、76年作

  • ISILDURS BANE 『SAGAN OM DEN IRLANDSKA ALGEN and SAGAN OM RINGEN』

    スウェーデンを代表するシンフォニック・ロック・グループ、84年作と88年作を収録

  • DICE 『FOUR RIDERS OF THE APOCALYPSE』

    スウェディッシュ・シンフォの雄、圧倒的なテクニックと叙情性で駆け抜けるインスト作、77年録音/92年リリース

  • BROTHER APE 『FORCE MAJEURE』

    スウェーデン新鋭13年作6th、ポスト・ロック的先鋭さを持つリズムと透明感いっぱいの北欧シンフォサウンドを組み合わせた傑作!

  • LIFE 『LIFE』

    北欧らしい透明感あるファンタスティックさと英ハード直系のメランコリーとが同居した北欧屈指のプログレ名作、71年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 こんな音楽が街中に流れていたら、きっと世界から争いごとは無くなる。(19 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

2nd を聴いた時は「おぉっ!」となったけど、今回は「えっ?」でしばらくの間硬直状態。繰り返して聴いて我に返り、友人に連絡。「新作、聴いた?」、「もちろんですよ。こういった指向性が80年代の初頭に示されていれば(プログレの)その後は全然違ったものになったかと思います」との返信。私も同感。そうか、みんな待ってた音楽だったんだ、とホッとしました。

聖歌という表現しかできませんね。極力、装飾を排除したシンプルなつくり、温もりと優しさ溢れるコーラス・ワーク、明るく美しいメロディラインからみなぎる力強さと逞しさ。ロビー・ヴァレンタインやハーレム・スキャーレムが華美装飾でも、アンプラグトでもできなかった世界。バンドのメンバーは、多分、「音楽に恋してる」んじゃないかな。
前作からの変化で、メンバーが一人増。彼の謝辞には「大好きな音楽をプレイする機会を与えてくれたメンバーに」とあります。同じ志をもった仲間が増えたことで、更に結束度、凝縮・抽出度が高まったんでしょう。

もうじきクリスマス。大切な人と、まずは Robert Berryの「December People vol.2」で大いに聖夜を祝った後、本作を二人で聴いて浄化すれば、きっと素敵なイヴになるに違いない。私は毎年「Double Fantasy」を聴いてきま したが、今年からはコレですね。素晴らしい X'mas プレゼントになりました。

ナイスレビューですね!

評価:3 2曲目は☆5(12 拍手)

KCさん レビューをすべて見る

☆3か4で迷いました。
しかしレビュー多いですね。プログレファン以外にもアピールするところが大きいからでしょうか?
果てしなく明るく、ポップです。
2曲目を聴いたときは『なんて曲を作るんだこいつら』と思いました。もちろん良い意味で、です。
しかし、アルバム通して何度も繰り返して聴けますか? 私はNoです。 飽きが来るのがはやいです。
ひたすら明るいのは彼らのコンセプトでもあるんでしょうが、ここまで一辺倒にやられると、ね・・・
プログレが好きでこのバンドに辿り着いた方には間違いなく前作、もしくは次作がお勧めです。

ナイスレビューですね!

評価:5 明るく親しみやすい傑作…こういうの待ってました!(8 拍手)

Waku Luckyさん レビューをすべて見る

うわさには聞いていましたが、私の好みにぴったりのすばらしい作品でした!

メロディーはまさに王道のポップスを思わせますが、なぜかとても新鮮に感じます。さわやかなコーラスはBeach Boys風でしょうか(Yes風ともいえるけど)。しかし、さらりとテクニカルな演奏はYesとGenesisを合わせてうんとフレッシュにしたようなかんじで、しっかりとプログレの精神が引き継がれていることがわかります。

1、2曲試聴しただけだと「ちょっとポップすぎるかなぁ」と思うかもしれませんが、その思いはアルバム1枚通して聞けば「もっと聞きたい!」に変わります!ほかのアルバムも早く聞いてみたいです。

私は世代的には後追いで、山下達郎から70年代洋楽ロックのもつ「明るさ」に魅せられ、そしてYesを聞いてプログレが好きになりました。ダークでアヴァンギャルドなのもいいけれど、明るく親しみやすいプログレがやっぱり好きなのです…こういうの待ってました!

ナイスレビューですね!

評価:5 カケレコリスナーはさわやか系を求めていた(7 拍手)

KN231さん レビューをすべて見る

カケレコのランキングで3ヶ月連続でNo.1に輝いたアルバム。国内盤もAvalonから出るようです。スウェーデンのバンドとしては、暗い系統には属さず、ひたすら爽やかなサウンド。ウタもの系のラブ・ロック的でもある。スウェーデンのポップサウンド自体爽やかな系統もあるのでその影響もあるのかと思った。ブリティッシュのニッチ・ポップやイ・プーなどの愛好者にもお勧めです。

ナイスレビューですね!

評価:5 溢れ出すメロディーの洪水、美しすぎるアルバム(7 拍手)

camacouさん レビューをすべて見る

一家に一枚レベルの名盤。メロディー・曲構成・コーラスワーク・テクニック、どこを取っても、思わずニヤけてしまうほどの出来で、もう本当に素晴らしいです。失恋がテーマのようですが、ポップでキャッチーでハートフル!プログレ好きなら・・・というよりも、音楽を愛している人なら、決して避けては通れないアルバムでしょう。

2曲目のA Kid Called Panicは名曲中の名曲。捨て曲は一曲もありません。アルバム一枚聞き終えると、美メロと爽快感で、愛に満ちた幸せな気分になります。この音楽に出会えて良かったと、心から思える素晴らしすぎる作品!!

ナイスレビューですね!

評価:5 幸せな気分になれるプログレ筆頭(5 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

このグループの素晴らしい点は、本来の音楽が奏でられることの意味のようなものを、過去を振り返ることなく現代という立脚点で模索し、作品ごとに必ずそれを見つけ出してきてくれることです。それは時代や人種を問わないメロディの普遍性であり、凛とした美しさであり、また聴き手の感性に訴えかける特別な何かでもあるでしょう。多分答えは決まったものではないのですが、少なくともそういうもの目指していなければ、こんな作品が生まれるはずはありません。これがなんと人の心を揺さぶる音楽であることか。煩わしい日常にあっても50分間だけは至福の時を過ごせます。21世紀も初頭にして、真にマスターピースと呼びたい作品が登場しました。

ナイスレビューですね!

評価:5 心が浄化する音(5 拍手)

MKさん レビューをすべて見る

スウェーデンのグループ、2010年作3rd。正直、ここまで話題になるとは思ってもみなかった。ついには国内盤までリリースされるなんてまさにミラクルである。どのお店も軒並み品切れが続出。入荷してもまた品切れ。その繰り返しらしい。「プログレファンはやはり感性が素晴らしいんだな」と何故か客観的に思ってしまう私。とにかく聴いて欲しい。美しいから。

ナイスレビューですね!

評価:4 やさしい気持ちになれる(4 拍手)

keithさん レビューをすべて見る

やさしさとロマンチズムにあふれた作品です。自分的にはプログレ?って感じですが、そこはさておき現代のロックにおいて比類なき傑作であるのは間違いないですね。

ナイスレビューですね!

評価:5 なるほどね(3 拍手)

中村商店さん レビューをすべて見る

 美しいメロディとコーラスの洪水。さりげない変拍子。それぞれのパートもでしゃばりすぎず
本当に美しい。だけどこれはメタルばかり聞いてきたひとにはロックなのかといわれそうな
気がする。友人にメタルフリークがいるのでちょっと聞かせてみるか。

ナイスレビューですね!

評価:5 アルバム丸ごと、美メロの洪水(3 拍手)

F.Greenさん レビューをすべて見る

北欧シンフォの新進気鋭(2005年デビューやから、まだええよね)バンドが、やってくれました。アルバムのどこをとっても、美メロのオンパレード!よくぞここまで美しいメロディが思いつくもんですね。アルバムは、タイトル曲のPT.1に始まり、PT.2で幕を下ろします。多分、トータルアルバムの形なんでしょうねぇ。でも、決して大仰なシンフォではありません。POPSファンの方にもお勧めのファンタスティック・ポップ・ロック・アルバムでもあります。

PT.1のイントロで、ハーモニカが出てきます。これはちょっと意外。ハープと言えばブルースやジャズ。通常のブログレなら、ここはフルートでしょう。が、ハープ、効いてます。いいです!そんな感じで、美メロを活かすための楽器や音の選びもうまいですね。あと外せない彼らの特徴の一つが、コーラス。これが、アルバム全体の統一感を出してもいます。やはり、根底にはYESがあるんやろなぁ・・・。

しかし、北欧には、フラワー・キングスやカイパ、ウィグワム、アングラガードなど、ええバンドがひしめいてますなぁ。これ、3rdと言うことで、まだ未聴の1stと2ndも入手せねば!何?売切れ?そらそうやろ。「気になるリスト」に早速、追加しとこ!

ナイスレビューですね!

評価:5 必聴盤(3 拍手)

世我さん レビューをすべて見る

北欧の一国に何故このような人達が現れたのか。メロディ、コーラス、アレンジ、演奏力、どれをとっても素晴らしい。昔カーペンターズの光輝くような声に魅せられた感動を思い出します。不自由はないのでしょうけど、母国語ではない英語でこのように歌えるのも驚きで、路上でアカペラで歌ってるビデオ見てもほぼ完ぺき。コーラスばかりに耳が行きがちですが、作曲もアレンジも演奏も本当にハイレベル。プログレファンのみならず、音楽ファン、人の声が一番と言う人には必聴盤。

ナイスレビューですね!

評価:5 アルバム丸ごと、美メロの洪水(3 拍手)

F.Greenさん レビューをすべて見る

北欧シンフォの新進気鋭(2005年デビューやから、まだええよね)バンドが、やってくれました。アルバムのどこをとっても、美メロのオンパレード!よくぞここまで美しいメロディが思いつくもんですね。
アルバムは、タイトル曲のPT.1に始まり、PT.2で幕を下ろします。多分、トータルアルバムの形なんでしょうねぇ。でも、決して大仰なシンフォではありません。POPSファンの方にもお勧めのファンタスティック・ポップ・ロック・アルバムでもあります。
PT.1のイントロで、ハーモニカが出てきます。これはちょっと意外。ハープと言えばブルースやジャズ。通常のブログレなら、ここはフルートでしょう。が、ハープ、効いてます。いいです!
そんな感じで、美メロを活かすための楽器や音の選びもうまいですね。
あと外せない彼らの特徴の一つが、コーラス。これが、アルバム全体の統一感を出してもいます。やはり、根底にはYESがあるんやろなぁ・・・。
しかし、北欧には、フラワー・キングスやカイパ、ウィグワム、アングラガードなど、ええバンドがひしめいてますなぁ。
これ、3rdと言うことで、まだ未聴の1stと2ndも入手せねば!何?売切れ?そらそうやろ。「気になるリスト」に早速、追加しとこ!

ナイスレビューですね!

評価:5 正解でした。(2 拍手)

hiroyukaさん レビューをすべて見る

このアルバム非常に評判が良かったので購入しました。感想はずばり、買って正解でした。
2011年の作品なのに、良くまあこんな美メロが作れるなあと関心致しました。
オーヴァーな表現ですが、中学生のとき、ビートルズの赤盤を聴いたときの感激を思い出しました。
一曲あげると、コンパクトなSOUTHERN BELLEが良かったです。

ナイスレビューですね!

評価:4 あま〜い!(2 拍手)

munkさん レビューをすべて見る

スウェーデンバンド両極の片側の旗手かな。
朝の通勤時に聞くにはこの上なく宜しいな。
もう少し聞き込まない限り細かな事は言えないんだけど、聞き込むにはちょっと甘すぎて辛いかなあ。
ってことで星四つです。

それにしても、スウェーデンのバンドって中庸ってのが無いですねえ。

いや、ごめんなさい。これも聞き込み不足か。

ナイスレビューですね!

評価:5 ポップ!(2 拍手)

発光体さん レビューをすべて見る

「ポップでキャッチーで聞きやすくていい」の一言がまず出ます。それでいてアイリッシュポップ(彼らはスウェーデンですが)らしさがツボでした。この透明感があるサウンドを聞かずして、音楽の何が語れるっ!って言わんばかりですが、とりあえずここ一か月のあいだいろいろ聞いてみて一番の当たりくじがこの作品でした〜

ナイスレビューですね!

評価:5 ゼロ年代BESTアルバム(1 拍手)

yetiさん レビューをすべて見る

私のMOON SAFARIとの出会いはこのアルバム。
カケレコさんで以前からオススメされてたのは知ってたけど、ジャケットのせいで食わず嫌いしてたんだと思います。カケレコ以外で見かける事も無かったし、ところがある日、某大手専門店でBGMで流れていたんです。アルバム最後の5秒間聴いただけで購入を決めたのは、私の長いリスナー人生の中でも初めての事です。
さらにもう一点、私の中で画期的だったのは、数十年ぶりの事かもしれない。アルバム一枚まるごと口ずさめるくらい聴き込めた事です。学生の頃以来ですよここまで聴き込めて、それでいて親しみ易いメロディとコーラスハーモニー。プログレの範疇に逗まらず、世界中の音楽ファンに愛されて然るべき名盤です。
この曲を知らずに生きる一日より、出会ってしまった後の方が確実に幸せな一日が過ごせる一枚とまで言いきります。

ナイスレビューですね!