プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

PATAHAN

SIMAK DIALOG

MJR015(MOON JUNE

デジパック仕様。

評価:50 1件のレビュー

流麗でテクニカルなフュージョン・サウンドと東南アジアのエキゾチズムとが融合したサウンドは、フュージョンやカンタベリーの傑作とも比肩する知性を感じさせますね。この映像、どうです?

インドネシアのグループ、精緻なタッチの流麗なジャズ・ロック、07年作

インドネシアのグループ。格調高くイマジネーション溢れるピアノと浮遊感あるメロウなエレキを中心に、HATFIELD & THE NORTHを彷彿させる精緻なタッチの流麗なジャズ・ロックを聴かせています。アカデミックなアンサンブルと東南アジアの香りを感じさせるパーカッションとのバランスがオリジナリティ。05年にライヴ録音された音源ですが、繊細なテクニックとアンサンブルは一発録りとはとても思えません。素晴らしいテクニックと音楽センスを持った好グループ。ジャズ・ロック・ファン、とくにカンタベリー・ミュージックのファンにはオススメの逸品。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SIMAK DIALOG / DEMI MASA の商品詳細へ

SIMAK DIALOG/DEMI MASA

09年作、インドネシアのスリリングなジャズ・ロック傑作

2090円(+税)

PHLOX / TALU の商品詳細へ

PHLOX/TALU

エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

2390円(+税)

MEGAN QUARTET / ROADSIDE PICNIC の商品詳細へ

MEGAN QUARTET/ROADSIDE PICNIC

90年代後半に活躍したエストニアのジャズ・ロック・グループ、圧倒的な強度で迫る好盤

2490円(+税)

COLOR / UJ SZINEK の商品詳細へ

COLOR/UJ SZINEK

ハンガリーの実力派プログレ・グループ、煌びやかなキーボード&ソリーナが全編を覆う、いかにも東欧的なドラマティックさが堪能できるプログレ・ハード、名作!

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

00年代新鋭ジャズ・ロック・グループ〜ソフツやハットフィールドのDNAを継ぐバンドを世界中からセレクト

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DEMI MASA

    SIMAK DIALOG

    MJR024(MOONJUNE

    評価:40 3件のレビュー

    デジパック仕様

    09年作、インドネシアのスリリングなジャズ・ロック傑作

    プログレ三昧でインドネシアDISCUSとイスラエルSHESHETの人気に火が付きましたが、このインドネシアのグループも悶絶ものなんだよなぁ。

  • LIVE AT ORION

    SIMAK DIALOG

    MJR068(MOONJUNE

    2枚組、ペーパーケース仕様

    インドネシアン・ジャズ・ロックの筆頭格、13年作の『6TH STORY』リリースに伴うお披露目公演を収めた2枚組ライヴ盤

    カンタベリー彷彿のフェンダー・ローズ、精緻なタッチのエレキ、そして、ガムラン・ミュージックのエッセンスたっぷりなパーカッションが織りなすサウンドは、スタジオ盤と変わらぬ芳醇さ!インドネシア注目の新鋭がアメリカに乗り込んだライヴ音源!

  • 6TH STORY

    SIMAK DIALOG

    MJR056(MOONJUNE

    ペーパーケース仕様

    インドネシアン・ジャズ・ロックの筆頭格、2013年作、爽やかなフュージョンフレイヴァーと民族的パーカッションが融合しつつ洗練を極めた逸品

    レーベル管理上、ペーパーケースに若干不良がある場合がございます。ご了承ください。

    ハットフィールドの2ndに民族打楽器をサンプリングしたとしたら?そんな好グループをインドネシアで発見!

    2090円

    1672円
    (税込1806円)

    451円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 まずはコッチからのほうがいいかも。かなり涼しい傑作ライヴ。(0 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

「Demi Masa」ではいつのまにかに緊張呪縛?に追い込まれましたが、これはライヴのせいもあって、かなり開放的です。
Keyが大活躍する1曲目から安心して(プログレに予定調和期待するわけじゃないんですが)聴ける、イイ曲満載で「よしっ!」となります。
メセニーというよりもLyle Maysのソロ作に近いですね。ギターも奥の方に控えめだし、ピアノが「これでもか!」と弾きまくります。パーカッション2人は、そんなに前に出てきてないな。ヴォーカルというかポエトリー・リーディングも、いい感じだしね。
普通、ライヴの方がテンション高くなってるんだけど、このヒトたちは違うなぁ。
ライヴと思わず、イイ曲やってるじゃん!と思って評価しましょう。聴衆の歓声からも、寛ぎを感じます。

ナイスレビューですね!