プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

GILLIAN McPHERSON

HMPCD034(HUGO MONTES PRODUCTION(韓国)

評価:30 2件のレビュー

ニック・ドレイク1stの弦楽アレンジで有名なロバート・カービーや、ストローブスのデイヴ・カズンズが参加してるって!? このフィメールSSW、清楚な歌声が良いですねぇ。ヴァシュティのファンは是非!

清楚な歌声が魅力の英女性SSW、71年作

清楚な歌声が魅力の女性SSW。71年の唯一作。Dave Cousins、元Riff RaffのTommy Eyre、Nick Drakeの1stやVashti Bunyan「Just Another〜」の弦楽アレンジで知られるRobert Kirbyなどが参加したリリカルかつ優雅なアンサンブルが聴き所。清涼感溢れる美しい一枚です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

DAYLIGHT / DAYLIGHT の商品詳細へ

DAYLIGHT/DAYLIGHT

「冬の朝の静けさ」をイメージさせる格調高い英フォーク、71年作

2290円(+税)

GERRY LOCKRAN / WUN の商品詳細へ

GERRY LOCKRAN/WUN

スワンピーな英フォーク・ロック、72年作、名盤

2290円(+税)

MOIRA KERR / FOLK WARM AND GENTLE の商品詳細へ

MOIRA KERR/FOLK WARM AND GENTLE

スコットランド出身のフィメール・フォークSSW、69年作

2290円(+税)

GILLIAN McPHERSON / POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES の商品詳細へ

GILLIAN McPHERSON/POETS AND PAINTERS AND PERFORMERS OF BLUES

清楚な歌声が魅力の英女性SSW、71年作

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ブリティッシュ・フォークの歌姫特集〜英フィメール・フォークの可憐な花々

まとめて試聴する

  • CONTRABAND 『CONTRABAND』

    74年作、メイ・マッケンナのヴォーカルが光る英フォーク/トラッドの名作

  • VASHTI BUNYAN 『JUST ANOTHER DIAMOND DAY』

    ブリティッシュ・フィメール・フォークを代表する傑作、70年作

  • BRIDGET ST.JOHN 『THANK YOU FOR . . .』

    72年リリース、美しいメロディーと繊細ながら芯の強さが感じられるヴォーカルとが絶妙にマッチした英フォーク・ロック名作

  • MELLOW CANDLE 『SWADDLING SONGS』

    72年発表、「英フォーク三種の神器」の一つ、ツイン・フィメール・ヴォーカルが美しいブリティッシュ・フォーク・ロックの傑作!

  • CHIMERA 『CHIMERA』

    女性Vo2人を要する、メロウ・キャンドルを想わせる英フォーク・グループ、69年録音作品

  • JADE 『FLY ON STRANGEWINGS』

    70年作の唯一のアルバム、SANDY DENNYを想わせる凛としたMARIAN SEGALのヴォーカル、秋枯れのフィドル、英国叙情を醸し出す弦楽器&ハープシコードが絶妙に絡んだ美しすぎる英国フォーク

  • MARIE CELESTE 『AND THEN PERHAPS』

    71年にライヴ会場を中心に50枚限定で配られたという正真正銘の激レア作品、ずばり英国フォーク3美神に引けを取らない逸材!

  • FOLKAL POINT 『FOLKAL POINT』

    英国フォークの激レア・アイテムとして知られる71年作、瑞々しい女性ヴォーカルが魅力的!

  • GALLERY 『WIND THAT SHAKES THE BARLEY』

    凛とした男女ヴォーカルに艶やかなフィドルが絡む絶品英トラッド・フォーク、72年デビュー作

  • STAINED GLASS 『OPEN ROAD』

    透明感ある女性ヴォーカルが素晴らしすぎる英フォークの秘宝、74年唯一作

  • BACK ALLEY CHOIR 『BACK ALLEY CHOIR』

    こ、これは、英フォーク幻の名盤!72年にYORKから500枚のみで限定プレス・リリースされた唯一作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 枠に打てや〜(4 拍手)

ソクサイさん レビューをすべて見る

この作品は雑誌やガイド本に英国トラッド・フォーク・ロックのひとつとして何回か紹介されていたジリアン・マクファーソンの唯一の作品。
気になった点はバックに参加したミュージシャン達でギターにジョン・マーク、サックスはジョニー・アーモンド、キーボードはトミー・アイアー、といった俺の好きなマーク=アーモンドやリフ・ラフの面々。
そしておまけにベースはニュークリアスのロイ・バビントンときたもんだ。
この布陣じゃ悪いはずがなかろうて!
しかし、その期待は見事に裏切られた。マクファーソンの殆どの楽曲は誠に中途半端。

メロディが何か煮え切らないし、いつサビに入るのか期待の内に曲は終わってしまう。

肝心のセンター・フォワードがこれじゃあ〜なぁ〜!
彼女は英国トラッドを継承したり、独自に解釈して昇華するタイプのシンガーではなく、 その歌詞やタイトル等から、英国トラッド・フォークとはあまり関係ないもっとポピュラーなS.S.W.だと思う。
歌い方に気の強さが出たり、叙情性も殆ど感じられず、あまり歌は上手くない。
しかし、最終のアルバム表題曲はやっとまともなチューンだし、他にもジャジーなイントロで初期ジョニ・ミッチェルを彷彿させる曲やアーモンドのメローなサックスをフィーチュアした気の効いた曲もあって、脇を固める連中が下手糞なFWに絶妙なセンタリングが何本かあげているのだ。
あとはFWがゴールを決めるだけだが、何度打っても枠にさえ飛ばない藤本淳吾のシュートの様だ。

ナイスレビューですね!

評価:3 傑作ジャケット(0 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

大の傑作というわけではないけれど、涼しげで素敵なジャケットが人気の的のフォークアルバム。

ナイスレビューですね!