プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

LIVE AT THE RAINBOW THEATRE: 20TH FEBURARY 1972

PINK FLOYD

TOP23(TOP GEAR

2枚組。

評価:50 1件のレビュー

72年2月20日ロンドンはレインボー・シアターでのライヴ音源、『狂気』フル演奏

72年2月20日ロンドンはレインボー・シアターでのライヴ音源、『狂気』をフルで演奏した冒頭10曲は高音質サウンドボード音源、そのほかはクリアなオーディエンス録音、72年と73年のライヴ音源2曲も収録

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PINK FLOYD / LIVE IN MONTREUX 1970 の商品詳細へ

PINK FLOYD/LIVE IN MONTREUX 1970

70年11月21日に行われたモントルー・ジャズ・フェスティバル公演を収録したライヴ音源

3290円(+税)

LED ZEPPELIN / LIVE AT THE LOS ANGELES FORUM 1970 の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LIVE AT THE LOS ANGELES FORUM 1970

70年9月4日のLAフォーラムでのライヴ音源

1832円(+税)

URIAH HEEP / LIVE IN ZURICH 1971 の商品詳細へ

URIAH HEEP/LIVE IN ZURICH 1971

71年5月7日スイスはチューリッヒでのライヴ音源

2290円(+税)

GENESIS / LIVE AT THE RAINBOW 1973 の商品詳細へ

GENESIS/LIVE AT THE RAINBOW 1973

73年10月20日、ロンドンはレインボー・シアター公演を収めたライヴ盤

3290円(+税)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • エコーズ〜啓示 ベスト・オブ・ピンク・フロイド

    ピンク・フロイド

    TOCP65910/1

    2枚組、デジタル・リマスター、スリップケース付き仕様、定価3495

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    スリップケースに若干圧痕あり、帯・解説にシワあり、ジャケにケースツメ跡あり

    01年リリースのベスト、全27曲

  • 永遠(TOWA)

    ピンク・フロイド

    SICP4440/1

    CD+DVDの2枚組ボックス、ブックレット付き、NTSC方式、リージョンフリー、帯付仕様、定価5500+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    帯に折れあり

    14年リリース、実に20年ぶりとなったオリジナル・アルバム!フィル・マンザネラがプロデュースに参加

    20年ぶりとなった最新作は、故リック・ライトへの追悼作となりました。全編インストながら、時に優しく語りかけるような時に激しく訴えかけるような、説得力に満ちた演奏は変わらずの素晴らしさですね。

  • 原子心母

    ピンク・フロイド

    TOCP8415

    95年規格、デジタル・リマスター、定価2548

    帯【無】 解説【無】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    解説無、帯無、盤傷多めにあり

    70年作、プログレと言えばこのジャケ!A面の大作、B面の小曲集ともに美しく気品ある名曲で固められた傑作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界

  • ZABRISKIE POINT: THE LOST ALBUM

    PINK FLOYD

    TOP25(TOP GEAR

    評価:50 1件のレビュー

    マスターテープからの収録で高音質

    70年公開の映画『砂丘』のために録音された音源をまとめたアーカイヴ盤

    70年公開の映画『砂丘/Zabriskie Point』のために録音されながら未発表となった音源が発掘され、もしピンク・フロイドだけの楽曲でフルアルバムとしてリリースされていたら、というコン ... 続き

  • LIVE AT POMPEII DIRECTOR'S CUT

    ピンク・フロイド

    UUSD70026

    廃盤、DVD、帯元から無し、解説付き仕様、NTSC方式、リージョン2、定価3990

    帯【-】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    情報シールあり

    71年10月、イタリア・ポンペイ遺跡での無観客ライヴを撮影した映像作品、エイドリアン・メイベン監督

    3590円

    2872円
    (税込3102円)

    775円お得!

    CD詳細ページへ

  • おせっかい

    ピンク・フロイド

    WPCR80125

    ペーパーケース仕様、11年リマスター、定価2300+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    ペーパーケースに若干のスレあり、盤に目立つ曇りあり

    71年作、代表曲「ECHOES」「ONE OF THESE DAYS」収録、A面のメロウな小曲群も魅力的な名盤

    『狂気』よりもこの『おせっかい』を愛するロック・ファンも多いはず。「エコーズ」はピンク・フロイド屈指の名曲ですよね。また、このポンペイでのライヴ映像が良いんだ。

  • RELICS

    PINK FLOYD

    PFR18(PINK FLOYD

    ペーパーケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    ペーパーケースに若干スレあり

    60年代のシングル音源を収録した71年作

  • LONDON 1966/1967

    PINK FLOYD

    SMADVD049(SNAPPER

    デジパック仕様、DVD、NTSC方式、リージョンフリー

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    デジパックに小さい折れあり

    ロンドン66、67年(SYD BARRETTの映像含む)

    16分を越える「Interstellar Overdrive」のフル・ヴァージョンと11分を越える「Nick's Boogie」の2曲に加え、「Interstellar Overdrive」のビデオ・クリップ、ミック・ジャガーなど4人

    1490円

    1192円
    (税込1287円)

    322円お得!

    CD詳細ページへ

  • 狂気

    ピンク・フロイド

    TOCP77163/4

    廃盤、ペーパーケース仕様、2枚組デラックス・エディション、デジタル・リマスター、スリップケース付き、定価3700

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並 | 不良 |

    盤面複数キズ・曇りあり、スリップケースに若干圧痕あり

    73年発表、ロックの歴史に燦然と輝く大名盤!

    アメリカのビルボードチャートにおいて200位以内に15年間に渡ってランクインするという大記録を打ち立てたロック金字塔ですね。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    帯はケースに貼り付けられた仕様です、帯に色褪せ・テープ跡あり、ジャケにカビあり

    前作「狂気」に劣らない内容と人気を誇る75年作

    ブルース・ロックに根ざした音楽性を持ちサイケデリック・ロックからその歩みを始め、全盛期にはRoger Watersの哲学的な歌詞と完璧なまでのコンセプト性で数々の伝説を作り上げた、世界

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 『狂気』お披露目公演(3 拍手)

ソクサイさん レビューをすべて見る

 フロイドには全盛期70年代の公式ライヴ盤がなく必然と非公式音源を聴くしかないがこの盤は期待を裏切らない。このライヴ盤は、TimeやUs & Themなどの欠落部からみて、基本的にブートレッグThe Best of Tour 72などと同じ音源を収録していると思う。ここでの『狂気』はその初期の形態で、この後一年余りコンサートで試行錯誤を繰り返しながら完成し翌年発売される。因みにこの公演の翌月には来日し札幌などで同様の公演をしている。狂気での欠落部は他のまあまあのオーディエンス音源にて充填しているが、基本的な主音源の音質はオーディエンス録音とは思えない尋常ならぬ高音質である。狂気の他、太陽賛歌、神秘、エコーズなどもオーディエンスとしては質の高い音源で収録。特にエコーズのライヴ・テイクなどはこの後、74年には整い過ぎてつまらないので貴重である。やはりピンク・フロイドは70〜72年までが最もプログレッシヴだったのである。
 Top Gearなるレーベルの今後のリリースには勿論注目であり、ブート屋で5000円もするCD買うならカケハシでこういった物を買うに限る。

ナイスレビューですね!